徒然らあめん備忘録

2016年05月14日 宮城県大崎市古川北町 らーめん弘ちゃん

2016年55杯目。

この日は、大崎市古川のこちらのお店で昼食を食べました。
最初は同じ古川地区にある「いろは食堂・古川支店」で食べるつもりでしたが、混んでいる様だったので諦めました。
次に中心部にある二郎系「奏」というお店に行きましたが、お店の前に空席待ちの行列が出来ていたので、ここも諦めました。

当てが外れて県道1号線を北上していて、こちらのお店の案内看板が目に入りました。
お店は県道から右折してすぐのところにありました。

2016年05月14日 弘ちゃん1
2016年05月14日 弘ちゃん2
2016年05月14日 弘ちゃん3

お店の裏に駐車場がありました。
駐車場が少しせまくて車を停めるのに手こずっていたら、後から入ってきたワゴン車がサッと駐車し、降りてきた人たちがお店に入っていきました。

お店に入ったのは12時ごろでした。
こじんまりした店内には、6つのカウンタ席と小上がりの2つの座卓がありました。
小上がりにはワゴン車の4人が座っていました。
他にカウンタ席に2人の先客がいました。

チャーシューメンを注文するつもりでしたが、隣に座っていた人が辛そうな色のスープのラーメンを食べていました。
またワゴン車の4人の内、2人は「辛みそラーメン」と「タンタンメン」を注文していました。
そしてどちらかが「一辛」を指定していました。
こちらのお店では「一辛」~「三辛」の3段階で辛みを増すことが出来ました。

2016年05月14日 弘ちゃん4


真似をして「辛みそラーメン」(¥800、大盛¥100)の「一辛」(¥30)を注文しました。

最初からスープに辛味が溶かしてあるタイプの辛味噌ラーメンでした。
唐辛子色に染まったスープは結構辛かったのですが、旨味もしっかり感じられました。
これ以上辛くすると味が分からなくなる加減の辛さでした。

豚肉、白菜、もやし、ニンジン、ニラを炒めたものがのっていて、他にチャーシュー、なると、茹で玉子がありました。
丼の底にはザーサイを小間切れにしたようなものが沈んでいました。

麺は軽く縮れたツヤのある細麺でした。

2016年05月14日 弘ちゃん5

自分の後から、赤ん坊を連れた夫婦が1組、他に2人が入ってきました。
自分以外のお客さんは常連の人たちの様でした。


ラーメン 弘ちゃん



関連ランキング:ラーメン | 古川駅



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

  1. 2018/05/17(木) 06:00:00|
  2. ラーメン・宮城県北エリア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2016年05月14日 宮城県仙台市宮城野区中野 仙台新港

2016年海19日目。
旧暦4月8日、月齢7.3日、小潮。
満潮 8:04(113) / 22:49(114)
干潮 2:46(89) / 15:34(47)
水温12.6℃(5/13気象庁解析)


第1駐車場前~北側の根っこのエリアで、7:20~9:35の時間に海に入りました。
天気は曇り時々晴れでした。

2016年05月14日 新港1
2016年05月14日 新港2
2016年05月14日 新港3
2016年05月14日 新港4

コシ~ハラのサイズの厚くダラダラした波でした。
3回テイクオフしましたが、すぐに波はしぼみました。

サイズが手ごろだったので、大勢の人が海に入っていましたが、乗れる波は少なかったです。

波情報サイトのBCMが推奨していた装備は「セミドライ~グローブ」でしたが、グローブはしませんでした。
水が冷たくてきついとは思いませんでした。
ブーツを履かずに入っている人もいました。


波情報サイトBCMで紹介されていた、この日の新港のコンディション指数は次の通りでした。
04:30 △45(15人)
09:00 ▽25(100人 混)



6'6"(198cm)のボードで海に入るのは、223回目。

  1. 2018/04/20(金) 05:45:00|
  2. 海・宮城 仙台新港~蒲生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2016年05月09日 孟宗汁

地元の山形県鶴岡市には、粕汁に孟宗を入れた「孟宗汁」という郷土料理があります。
自分の好物なので、母が大きなタッパーに入れて持たせてくれました。

2016年05月09日 孟宗汁1
2016年05月09日 孟宗汁2


  1. 2018/04/20(金) 05:00:00|
  2. 内食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2016年05月05日 山形県鶴岡市小真木原 長寿温泉

朝、父親と一緒にこちらの温泉に入りました。

2016年05月05日 長寿温泉

駐車場に多摩ナンバーと長野ナンバーの車が停まっていました。

風呂場には、背中と腕と脚に大きな入れ墨をした人がいました。
50代に見えました。
見慣れない人でした。

帰るときは、駐車場に水戸ナンバーと会津ナンバーの車が停まっていました。


父親と一緒に温泉に入るのはこの日が最後でした。




  1. 2018/04/19(木) 05:45:00|
  2. 長寿温泉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2016年05月04日 新潟県村上市仲間町字坂下 無尽蔵・むらかみ家

2016年54杯目。

GWの旅行中でした。

この日、長野県・諏訪湖の南にある諏訪大社・上社の御柱祭を見物した後、夕方帰路に着きました。
新潟県村上市の日本海東北自動車道・村上瀬波温泉インターまで自動車道を乗り継ぎ、その後は国道7号線を北上しました。
遅い夕食を食べるため、インターから程近い国道7号沿いの「無尽蔵・むらかみ家」に入ったのは21:15頃でした。
遅い時間だったので、店内にいた先客は数名でしたが、後から2人連れが1組入ってきました。

2016年05月04日 無尽蔵1

「無尽蔵」は新潟発のラーメンチェーン店で、新潟で開発された柿渋ポリフェノールを練り込んだ麺を使っているのが特徴です。

自分が初めて食べた「無尽蔵」のお店は、「むらかみ家」から国道7号線を20km程南下したところにある胎内市の「中条家」でした。
「中条家」は日本海東北自動車道の中条インターの近くにあります。
昔、関東に住んでいた頃、帰省のため年に数回ほど日本海東北自動車道を利用していました。
当時は中条インターが自動車道の最北のインターだったので、帰省の際によく「中条家」で食べました。

関東から東北に戻り、日本海東北自動車道を走る機会はほとんど無くなりました。
中条インター近くの「無尽蔵」で食べることも無くなりました。
東北に戻ってからは、仙台市と山形県新庄市の2つの「無尽蔵」で食べたことがありましたが、新潟県の「無尽蔵」で食べるのはほぼ10年ぶりのことでした。

2016年05月04日 無尽蔵2

「野菜塩らーめん」(¥831、大盛¥108)に「炒飯セット」(¥334)で炒飯とお新香を付けて食べました。

太麺と細麺がありました。
注文の際、スタッフの方に人気がある方を尋ねると、どちらかと言えば太麺、という回答だったので、太麺にしました。

縮れたツヤのある太麺は独特の濃い色をしていました。
昔「中条家」で食べた時は微かに柿の風味を感じましたが、この日は感じませんでした。
それでも、コシが強くてもっちりむっちりした食感は気に入りました。

キャベツ、もやし、キクラゲ等の炒め野菜のトッピングには細切りのチャーシューが混じっていました。
小さなサイコロ状に切ったトマトが添えてありました。

メンマは太切りでした。
前日の名古屋の「好陽軒」、この日の朝に長野の「大石家」で食べたラーメンのメンマも太切りでした。
ただし、それらの2店のメンマが薄味だったのに対して、「無尽蔵」のメンマは味付けが濃く甘みがありました。

淡い琥珀色の塩スープは魚介ダシが利いていて、程よいコクと旨味がありました。
そしてトマトの微かな酸味がアクセントになっていました。

2016年05月04日 無尽蔵3


前回、山形の新庄の「無尽蔵」で食べた時はいま一つでしたが、この日の「野菜塩らーめん」はおいしかったです。

10年以上前に初めて中条の「無尽蔵」で食べた時、巧みに流行の要素を取り入れている印象を受けました。
トマトをのせた塩ラーメンを食べて、その頃の印象を思い出しました。


満足してお店を出ました。
そして東北の郷里を目指して国道7号線を走りました。

2016年のGWは車でよく走りました。
GW中の走行距離は2028.4kmでした。


越後秘蔵麺 無尽蔵 むらかみ家



関連ランキング:ラーメン | 村上駅




テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

  1. 2018/04/16(月) 19:30:00|
  2. ラーメン・新潟
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2016年05月04日 長野県 諏訪大社

主祭神 建御名方神
      八坂刀売神
式内社(名神大)
信濃国一宮
旧官幣大社
別表神社

長野県の諏訪湖周辺に4つの御宮がある諏訪大社では7年に一度、御柱祭が行われます。
2016年は御柱祭の年で、この日は、諏訪湖の南に本宮と前宮がある上社で御柱祭の里曳きが行われていました。

柱を山から里に曳き出す「山出し」のことは知っていましたが、御柱を神社までの道中を曳き、社殿四隅に建てる「里曳き」のことは知りませんでした。
前の月に「山出し」の様子をテレビで放送していたので、御柱祭はもう終わったと勘違いしていました。

前の晩泊った諏訪市の旅館で、里曳きの真最中だということを初めて知りました。
諏訪湖周辺の宿泊の予約がなかなか取れませんでした。
何度も空き室を検索して、キャンセルで出来た空き室を予約して泊まりました。
諏訪湖周辺のホテルや旅館が混んでいた理由がようやく分かりました。
諏訪大社の御朱印を貰うために諏訪地方を訪れていながら、御柱祭のことを知らなかったのは間抜けでした。
旅館の人には、御柱祭で忙しいから上社で御朱印を貰うのは無理だろうと言われました。


上社から離れたところに設けられた臨時駐車場に車を停め、御柱が曳かれる上社本宮の東参道の県道に到着したのは8時半前でした。

2016年05月04日 御柱祭01

開会式が行われていました。
道路は大勢の曳き子と観光客で埋め尽くされていました。

2016年05月04日 御柱祭02
2016年05月04日 御柱祭03
2016年05月04日 御柱祭04
2016年05月04日 御柱祭05
2016年05月04日 御柱祭06
2016年05月04日 御柱祭07

御柱は断続的に神社までの道中を曳かれていきました。
曳き始める前に、先ず木遣りが唄われ、その後ラッパが鳴り響きました。
木遣りの主な唄い手は子供たちでした。
ラッパが鳴り終わると、御柱に繋がれた数100メートルの大綱を大勢の曳き子たちが掛け声と共に引きました。
凄い迫力で沿道は活気に溢れていました。

2016年05月04日 御柱祭08
2016年05月04日 御柱祭09
2016年05月04日 御柱祭10

本宮の近くから見物を始めて、本宮に曳かれてい行く御柱とは逆方向に前宮まで歩いて行きました。
自分が到着した時、既に前宮の4本の御柱は境内に入っていました。
境内は氏子と関係者以外は立ち入り禁止でしたが、手前に授与所があり、御朱印を貰うことが出来ました。

2016年05月04日 御柱祭11
2016年05月04日 御柱祭12
2016年05月04日 御柱祭13
2016年05月04日 御柱祭14

前宮の授与所で、本宮でも御柱が境内に入る前なら境内に入れるのではないかと言われました。
混雑する曳行路を避けながら本宮に行きましたが、本宮の境内は既に立ち入りが規制されていました。

2016年05月04日 御柱祭15
2016年05月04日 御柱祭16
2016年05月04日 御柱祭17

それでも、御柱が通る東参道の鳥居まで来たので、御柱が鳥居をくぐるところを見ようと思いました。
鳥居の側に陣取りましたが、御柱が鳥居の手前に来たところで11:30~13:00の昼休みに入りました。

北参道の鳥居に移動しました。

2016年05月04日 御柱祭18

そこも立ち入りが規制されていましたが、境内のトイレを利用するため端の方で境内に出入りする人たちがいました。
その人たちと一緒に境内に入り、御朱印を頂くことが出来ました。

2016年05月04日 御柱祭19
2016年05月04日 御柱祭20
2016年05月04日 御柱祭23

折角境内に入れたので、4本の御柱の内、最初の一の柱が境内に入るところまで見ることにしました。
昼休みの間は、拝殿を参拝し、神楽殿で演奏された諏訪神太鼓を観ました。

2016年05月04日 御柱祭21
2016年05月04日 御柱祭22

たまたま観た諏訪神太鼓でしたが、とても良かったので得をした気分になりました。

2016年05月04日 御柱祭24
2016年05月04日 御柱祭25
2016年05月04日 御柱祭26


御柱が東参道の鳥居をくぐって境内に入る様子は圧巻でした。
境内の曳行も木遣りを合図に行われましたが、ラッパは吹かれませんでした。
御柱を鳥居をくぐらせて境内を進むには細かな調整が必要でした。
それを大人数が綱を引いて行うので、かなり難しそうでした。
綱を持つ大勢の曳き子が一気に横に振れる場面もありました。
一つ間違えれば事故が起こったかもしれません。
立ち入りが規制されていたのも納得しました。

2016年05月04日 御柱祭27
2016年05月04日 御柱祭28
2016年05月04日 御柱祭29
2016年05月04日 御柱祭30
2016年05月04日 御柱祭31
2016年05月04日 御柱祭32

一の柱が境内に入るのを見届けた後、駐車場に戻りましたが、道を間違えました。
諏訪ICより南側の駐車場に車を停めましたが、初め北側に向かいました。
少なくとも2kmは無駄に歩きました。
駐車場に辿り着くまで1時間程歩きました。

2016年05月04日 御柱祭33
2016年05月04日 御柱祭34

車に戻ったのは14:45でした。
大急ぎで、下社を秋宮、春宮の順に参拝しました。

2016年05月04日 御柱祭35
2016年05月04日 御柱祭36
2016年05月04日 御柱祭37
2016年05月04日 御柱祭38
2016年05月04日 御柱祭39

2016年05月04日 御柱祭40
2016年05月04日 御柱祭41
2016年05月04日 御柱祭42
2016年05月04日 御柱祭43
2016年05月04日 御柱祭44
2016年05月04日 御柱祭45
2016年05月04日 御柱祭46

秋宮と春宮は、諏訪湖北岸の下諏訪町の諏訪湖が見える高台にありました。
最後に参拝した春宮で、4社全てを参拝した記念に神饌としおりを頂きました。


下社の里曳きは10日後の14・15・16日に行われました。
下社の御柱は、春宮から国道142号線を少し北上したところにある「注連掛」という場所に置かれていました。

2016年05月04日 御柱祭47
2016年05月04日 御柱祭48
2016年05月04日 御柱祭49

里曳きを控えた下社の御柱を見てから16:30頃帰路に就きました。

2016年05月04日 御柱祭50
2016年05月04日 御柱祭51
2016年05月04日 御柱祭52

長野県から新潟県に移動し、高田平野に出た頃は日が暮れていましたが、延々と連なっていた周囲の山影が途切れて空が広くなると解放された気分になりました。

郷里の山形県鶴岡市に到着したのは23時過ぎでした。
旅行に出発してからの走行距離は1,844.7kmでした。


2016年05月04日 御柱祭53
2016年05月04日 御柱祭54
2016年05月04日 御柱祭55
2016年05月04日 御柱祭56


2016年05月04日 御柱祭57
2016年05月04日 御柱祭58
2016年05月04日 御柱祭59
2016年05月04日 御柱祭60








  1. 2018/03/28(水) 20:00:00|
  2. 一宮
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2016年05月04日 長野県下諏訪町高木 大石家・諏訪店

2016年53杯目。

GWの旅行中でした。

前の晩は、諏訪湖の湖畔、JR中央本線・上諏訪駅近くの旅館に泊まりしました。
素泊まりでした。
朝食は、旅館から湖岸をしばらく北上したところにあるこちらで食べました。

「大石屋」は長野県内で店舗を展開している中華そば専門店です。
手元に2000年に講談社から出版された「うまいラーメン2000」という本があります。
全国各地の2000軒のラーメン店を掲載していて、長野県では筆頭に長野市合戦場の「大石屋」が紹介されていました。

開店時間の7時の少し前にお店に到着しました。
道路を挟んですぐ目の前が諏訪湖で、店内からも諏訪湖が見えました。
前の晩激しく降っていた雨は止んで、湖面に陽が射していましたが、風が強く吹いていました。

2016年05月04日 大石家01
2016年05月04日 大石家02
2016年05月04日 大石家03
2016年05月04日 大石家04
2016年05月04日 大石家05
2016年05月04日 大石家06
2016年05月04日 大石家07

少しあごひげのあるイケメンのオニイサンが一人働いていました。
店内に流れていたBGMは洋楽のオールディーズでした。

2016年05月04日 大石家08

「チャーシュー麺・大盛り」(¥1,300)を食べました。

2016年05月04日 大石家09

スッキリしたコクと旨味がある「昔ながらのオーソドックス」という表現が相応しい中華そばでした。
オーソドックスな中華そばも様々ですが、東北でもこれと似た中華そばを食べたことがありました。
前日、岐阜県土岐市で食べた「中華亭」の中華そばにも似ていましたが、「中華亭」より重量感がありました。

麺は黄色くツヤのある縮れた細麺でした。

「中華そば」の大盛りは並盛りに対して¥150増しでしたが、「チャーシュー麺」の大盛りは¥250増しでした。
大盛りは、麺の量だけではなくチャーシューも多いようで、凄いボリュームでした。
分厚いチャーシューは、周辺は歯応えがあって香ばしく、中は柔らかで美味でしたが、多くて食べきるのに少し苦労しました。

太切りのメンマは薄味でした。
前日に名古屋で食べた「好陽軒」のメンマも太くて薄味でした。
「好陽軒」はほとんど味が付いていませんでしたが、軽い塩気があったこちらの方が自分好みで、コリコリとした食感を楽しみました。

2016年05月04日 大石家10

朝には十分すぎるボリュームでした。
この日は、諏訪湖の近くの諏訪大社・上社で7年に一度の御柱祭・里曳きが行われていました。
お祭りを見て回って1日中動き回りましたが、昼食は食べませんでした。


中華そば大石家 諏訪店



関連ランキング:ラーメン | 上諏訪駅





テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

  1. 2018/03/15(木) 06:00:00|
  2. ラーメン・長野
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2016年05月03日 長野県諏訪市湖岸通り 浜の湯

長野県諏訪市の諏訪湖の湖畔にある旅館に泊まりました。

この日は、諏訪大社の上社では7年に1度の御柱祭の里曳きが行われていました。
上社には諏訪市の本宮と隣町・茅野市の前宮の二つの境内地があります。
自分は御柱祭があることを旅館に着くまで知りませんでした。

しばらく前から、ホテル予約サイトでこの日の宿を探していましたが、なかなか空き部屋が見つかりませんでした。
何回も繰り返し諏訪市内の空き部屋を検索していたら、こちらの旅館に空き部屋がありました。
キャンセルで出来た空きだったと思います。
旅館で御柱祭のことを知り、なかなか空き部屋が見つからなかったことに合点が行きました。

2016年05月03日 旅館01

旅館のロビーでは、諏訪太鼓の演奏が行われていました。

2016年05月03日 旅館02

温泉旅館だったので、部屋にトイレはありましたが、風呂はありませんでした。
狭い部屋でした。

2016年05月03日 旅館03
2016年05月03日 旅館04

大浴場の脱衣所に果林ジュースのサーバーが置いてありました。

2016年05月03日 旅館05
2016年05月03日 旅館06

部屋にホテルのガイドブックが置いてありました。
ガイドブックにこちらの旅館は全室レイクビューの5つ星の宿と紹介されていましたが、自分の泊まった部屋から諏訪湖は見えませんでした。

2016年05月03日 旅館07
2016年05月03日 旅館08
2016年05月03日 旅館09

廊下の確かエレベータの近くにあった窓から諏訪湖が見えました。

2016年05月03日 旅館10

2016年05月03日 旅館11





  1. 2018/03/08(木) 05:50:00|
  2. ドライブ、旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2016年05月03日 長野県諏訪市大字四賀飯島 ハルピンラーメン

2016年52杯目。

GWの旅行中でした。
この日は、長野県諏訪市に泊まりました。

信濃国一之宮・諏訪大社は諏訪湖周辺に4箇所の境内地があり、諏訪市にはその内の一つの上社本宮があります。
2016年は7年に1度行われる諏訪大社の御柱祭の年で、この日は上社の御柱祭・里曳きの真最中でしたが、自分はそのことを知りませんでした。
この日、御柱祭があることを知らずに諏訪に泊まった旅行者は自分だけだったかもしれません。

18時頃、市内の交差点で信号待ちをしていたら、祭姿の恰好をした大勢の若い衆を荷台にのせたトラックが目の前を通り過ぎました。
その時初めて、何か祭があるらしいと気が付きました。


その交差点から少し走ったところで、こちらのお店に着きました。
駐車場は満車でしたが、出ていく車があったので、そこに車を停めました。
店内は、自分が座ってちょうど満席になりました。
後から入ってきた人たちは、店内の長椅子に座って空席を待っていました。
家族連れが多く、気取らない雰囲気のお店でしたが、BGMにジャズが流れていました。

2016年05月03日 ハルピン1

最初に水と一緒にジャスミン茶が出てきました。
「ハルピンチャーシュー」(¥1,050、大盛¥100)と「焼餃子」(¥350)を食べました。

独特のラーメンでした。
店内の説明書きによれば、何種類もの材料を何年も寝かせたタレを使っているそうです。
一見、味噌ラーメンの様な色合いのスープは、ピリリとした辛味と甘味、そして後を引く独特の風味とコクがありました。
長期間寝かせたタレは熟成して独特の醤になっているようでした。

縮れたツヤのある黄色い細麺はスープとよく絡みました。
大判のモモ肉チャーシューが数枚のっていました。

2016年05月03日 ハルピン2

餃子の餡はしっかり味が付いていました。
餡の風味も独特でした。
ラーメンと同じタレを使っていたのかもしれません。

2016年05月03日 ハルピン3

最初に出てきたジャスミン茶は食後に口をスッキリさせるためのサービスでした。


ハルピンラーメン



関連ランキング:ラーメン | 茅野駅上諏訪駅





テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

  1. 2018/03/02(金) 05:30:00|
  2. ラーメン・長野
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2016年05月03日 岐阜県土岐市土岐津町土岐口 中華亭・峠店

2016年51杯目。

GWの旅行中でした。

この日の宿泊地の長野県諏訪市を目指して国道19号線を北上していました。
途中、国道沿いのこちらのお店でラーメンを食べました。
お店は反対車線側にありました。
中央分離帯があったので、お店の前をしばらく過ぎてから道を引き返しました。

2016年05月03日 中華亭1

15時前にお店に入りました。
こじんまりしたお店でした。
客席は、カウンター席と小上がりの座卓一つでした。
座卓は小さな2人掛けでした。
カウンター席に先客が一人いました。
自分は小上がりの座卓に座りました。

メニューは「中華そば」(¥700)と「ごはん」(¥150)だけでした。
自分がお店に入ると、ご主人は注文も聞かずに調理を始めました。

2016年05月03日 中華亭2

透明な脂が浮いた醤油スープは鶏ダシが主体で、軽やかなコクと親しみやすい甘みがありました。
ほぼストレートのツヤのある細麺は、やや柔めの茹で加減で、ほんのりと甘みがありました。
薄切りのモモ肉のチャーシューは、しっとりしていました。


一口に中華そばと言ってもいろいろなタイプがありますが、こちらの中華そばは広い地域で好まれるタイプの一つでした。
東北でも、これと似た中華そばを何度も食べています。

2016年05月03日 中華亭3

土岐市と多治見市の間の神明峠にあり、こじんまりしたお店は峠の茶屋の趣がありました。
移動方向と反対側の車線にあって少し手間取りましたが、食べて良かったと思いました。

こちらで食べた後、中央自動車に乗り込み、諏訪を目指しました。


――――――――――

諏訪を目指して走っている間、NHK-FMラジオを聴きました。
旅も後半で、iPodに入れた曲は聞き飽きていました。

NHK-FMは、祝日に「今日は一日 三昧」という番組を放送することがあります。
一人のアーティストまたは一つのジャンルに関連する曲を1日中流す番組です。
この日は「ジェームズブラウン & ファンク三昧」でした。
ジェームズブラウン(JB)はファンクの帝王です。

それまでファンクはほとんど興味が無かったのですが、番組のゲストにシンガーソングライターの山下達郎さんが出演していました。
山下達郎さんの「クリスマスイブ」は年の暮れになるとよく耳にする定番のクリスマスソングです。
山下達郎さんがJBのファンだったというのが意外で、番組を聴き続けました。

それまでファンクが良いと思ったことは無かったのですが、この日は違いました。
ひたすら繰り返されるリズムとJBのシャウトが何となく心地よく響きました。
連日の長距離ドライブで疲れていて、感じ方が違っていたのかもしれません。


中華亭 峠店



関連ランキング:ラーメン | 土岐市駅多治見駅




テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

  1. 2018/02/27(火) 06:00:00|
  2. ラーメン・岐阜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

支那竹メンマ

Author:支那竹メンマ
ラーメンを食べるのと、海に浮かんでぼんやりするのが楽しみ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ラーメン (847)
ラーメン・宮城仙台市青葉区 (94)
ラーメン・宮城仙台市泉区 (158)
ラーメン・宮城仙台市宮城野区 (49)
ラーメン・宮城仙台市若林区 (16)
ラーメン・宮城仙台市太白区 (14)
ラーメン・宮城県北エリア (134)
ラーメン・宮城県南エリア (20)
ラーメン・山形 (68)
ラーメン・福島 (30)
ラーメン・岩手 (137)
ラーメン・秋田 (19)
ラーメン・青森 (3)
ラーメン・茨城 (33)
ラーメン・千葉 (41)
ラーメン・栃木 (5)
ラーメン・埼玉 (2)
ラーメン・東京 (4)
ラーメン・神奈川 (2)
ラーメン・山梨 (2)
ラーメン・長野 (2)
ラーメン・新潟 (1)
ラーメン・静岡 (1)
ラーメン・愛知 (2)
ラーメン・岐阜 (1)
ラーメン・三重 (1)
ラーメン・宮崎 (5)
ラーメン・海外 (3)
ラーメン以外の外食 (123)
麺類 (18)
牛丼屋 (6)
ファミレス (11)
居酒屋 (10)
旅館・ホテル (23)
その他 (37)
海外 (18)
内食 (53)
海 (299)
海・宮城 仙台新港~蒲生 (156)
海・宮城 菖蒲田 (55)
海・宮城 本吉 (24)
海・宮城 その他 (2)
海・福島 (9)
海・秋田 (1)
海・岩手 (1)
海・青森 (2)
海・茨城 (14)
海・千葉 (28)
海・神奈川 (2)
海・宮崎 (4)
海・海外 (1)
山 (8)
雪 (6)
社寺 (126)
伊勢神宮 (5)
一宮 (18)
勅祭社 (1)
出羽三山 (6)
奥州三十三観音霊場 (4)
庄内三十三観音札所 (3)
平和観音霊場 (1)
東北三十六不動尊霊場 (16)
四寺廻廊 (3)
仙台 十二支守り本尊 (13)
御稲荷様 (4)
神社・山形県 (9)
神社・宮城県 (18)
神社・岩手県 (5)
神社・青森県 (1)
神社・茨城県 (1)
神社・三重県 (2)
寺院・曹洞宗 (6)
寺院・真言宗 (1)
寺院・浄土宗 (1)
寺院・慈恩宗 (1)
寺院・天台宗 (2)
寺院・御堂 (5)
史跡等 (34)
古墳 (8)
史跡 (14)
博物館 (12)
ドライブ、旅行 (41)
日記 (148)
雑記 (31)
長寿温泉 (100)
寄席 (5)
ライブ (12)
未分類 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR