徒然らあめん備忘録

2015年11月29日 岩手県盛岡市大通 末廣ラーメン本舗・盛岡大通分店

2015年165杯目。

この日、用事があって盛岡に出掛けましたが、その用事を済ますことは出来ませんでした。
代りに、市内を散策し、2杯ラーメンを食べました。

2杯目は、中心部の大通商店街にある「末廣ラーメン本舗」で食べました。
「末廣ラーメン本舗」は、京都の「新福菜館」がルーツの秋田発祥のお店です。
仙台では、2軒の「末廣」で食べました。
これが3軒目で、久し振りの「末廣」でした。

2015年11月29日 末廣1
2015年11月29日 末廣2
2015年11月29日 末廣3

仙台駅前分店は、途中、小休憩はあるものの、ほぼ24時間営業でした。
仙台に住んでいた頃、深夜、勃然とラーメンが食べたくなって、仙台駅前分店まで足を運んだこともありました。

盛岡大通分店は24時間営業ではなく、11:00~27:00の営業でした。

2015年11月29日 末廣4

お店に入ったのは13時頃でした。
先客が4人いて、後から数人入ってきました。
いつも混雑していた仙台駅前分店よりお客さんが少なく、活気に欠ける気がしましたが、仙台と変わらないおいしい中華そばでした。

「チャーシュー麺(特大)」(¥1,130)を食べました。

仙台同様、刻みネギはのっていませんでした。
カウンタに刻みネギが入った丼が置いてあり、好みで加えるのが「末廣」式です。

2015年11月29日 末廣5
2015年11月29日 末廣6

真っ黒なスープは、見た目ほどしょっぱくはなくて、コクと旨味がたっぷりありました。

やや加水率が低いストレートの細麺は、弾力がありました。
「新福菜館」に限らず、総じて関西のラーメンは麺の加水率が低い印象があります。

薄切りの豚バラ・チャーシューがたくさんのっていました。
大きな塊のチャーシューにかぶりつくのも嫌いではありませんが、最近は胃腸がへたってきました。
量が同じなら、大きなチャーシューがゴロリとのっているより、食べやすい小さなチャーシューがたくさんある方が嬉しいと思う様になりました。


末廣ラーメン本舗 盛岡分店



関連ランキング:ラーメン | 盛岡駅上盛岡駅




スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

  1. 2017/03/01(水) 05:30:00|
  2. ラーメン・岩手
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2015年12月01日 岩手県北上市さくら通り みそ家

2015年166杯目。

岩手県北上市にあるこちらのお店は、仙台の辛味噌ラーメンの雄「味よし」と縁があるらしく、気になっていたお店の一つでした。

奥州街道沿いにある一軒家の店舗に入ったのは12時半過ぎでした。
御主人夫婦と思しき2人が働いていました。
先客は7~8人いました。
後から1人入ってきました。
後から入って来たオトウサンは随分寒がっていました。

2015年12月01日 みそ家1

「みそラーメンと坦々麺の店」の看板を掲げていました。
メニューに「しょうゆ」(¥600)もありましたが、味噌ラーメンと坦々麺のバリエーションがずらりと並んでいました。

2015年12月01日 みそ家2

屋号と同じメニュー名の「みそ家」(¥800)がありました。
どういうラーメンか尋ねると、「辛しみそ」と坦々麺を合わせたラーメンという回答でした。

こちらと縁がある「味よし」と言えば、辛味噌ラーメンです。
「辛しみそ」(¥800、大盛¥150)に「チャーシュー(3枚)」(¥250)をトッピングして食べました。

「味よし」の辛味噌ラーメンは、辛味噌玉を自分で溶かしながら食べる、山形の「龍上海」と同じスタイルのラーメンですが、こちらの「辛しみそ」は、最初からスープに辛味を溶かしてありました。
「味よし」のスープは白味噌ベースですが、こちらの「辛しみそ」は赤味噌ベースの様でした。
唐辛子で赤く染まっていたので、赤味噌ベースに見えたのかもしれません。

パッと見は、「味よし」と違っていましたが、コクと旨味と甘味が程よくバランスした味わいは「味よし」に似ていました。
辛さは程々でした。
炒めたもやしとキャベツがのっていて、そのコクがスープに染みていました。

ほぼストレートのツヤのある黄色い中太麺は、プリプリとした心地よい弾力がありました。
薄切りの豚バラ肉のチャーシューは柔らかくて美味でした。

2015年12月01日 みそ家3


みそ家



関連ランキング:ラーメン | 柳原駅





テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

  1. 2017/03/02(木) 05:30:00|
  2. ラーメン・岩手
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2015年12月05日 宮城県宮城郡利府町森郷字惣ノ関北 中華麺亭むらさき屋・利府本店

2015年167杯目。

こちらは、宮城県利府町の松島街道・県道8号線沿いにあるお店です。
以前、パンダがマスコットの「元祖ラーメンショップ」があった場所です。
その「ラーメンショップ」には、2015年3月に一度行きましたが、夏頃には閉店していました。

2015年11月30日の月曜日に、こちらが開店したことを「食べログ」で知りました。
その週末、食べに行きました。

2015年12月05日 むらさき2

お店の前に開店祝いの花が並んでいました。
開店は11時で、到着したのは11:15頃でした。
数台の車が停まっていて、店内には10人程の先客がいました。
後からもポツポツ人が入ってきました。

2015年12月05日 むらさき1

厨房では、20~30代の男性3人が働いていて、他に配膳を担当するオカアサンがいました。
全員、店名をプリントしたTシャツを着ていました。
「いらっしゃいませ」等の挨拶や、スタッフの間で交わす言葉の声が大きく、活気がありました。

3月に「ラーメンショップ」で食べた時には、店内のテレビで、甲子園の選抜高校野球大会を映していました。
こちらのお店に代わって、テレビは無くなっていました。
店内にはBGMのJポップが流れていました。

2015年12月05日 むらさき3

「柔らかチャーシュー肉そば(煮玉子入)・大」(¥1,150)を食べました。
太麺と細麺があり、配膳係のオカアサンに勧められた細麺をお願いしました。

魚粉と小ネギを上に散らした醤油スープは、ベースはアッサリしていましたが、表面に厚い油膜が張っていました。
化学調味料も結構多めで、嫌味にならないギリギリの加減でした。

白っぽい色をしたツヤのある縮れた中細麺は、柔目の茹で加減でした。
スープとの相性は悪くありませんが、あまり印象に残らないタイプでした。
宮城県の小麦「ゆきちから」を使っていることを謳ったポスターがあり、麺に対する拘りが感じられたので、少し意外でした。

バラとロースの2種類のチャーシューは、どちらもメニュー名通り柔らかでしたが、分厚く切られたバラより、程よい厚みのロースの方が食べやすく、柔らかく感じました。
味玉は、自分好みの薄い味付けでした。

2015年12月05日 むらさき4

魚粉と油と化学調味料が、ジャンクになる一歩手前でバランスしたラーメンでした。
おいしかったのですが、油が多かったので、夕方まで胃がもたれ気味でした。


中華麺亭むらさき屋 利府本店



関連ランキング:ラーメン | 利府駅



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

  1. 2017/03/03(金) 06:00:00|
  2. ラーメン・宮城県北エリア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2015年12月05日 宮城県仙台市宮城野区中野 仙台新港

2015年海48日目。

2015年12月05日 新港0

前日、岩手県南部の平野で初雪が降りましたが、新港は天気が良く、予想していたより風が弱く穏やかでした。

2015年12月05日 新港1
2015年12月05日 新港2
2015年12月05日 新港3
2015年12月05日 新港4
2015年12月05日 新港5

波情報サイトBCMの6:20と9:00の情報では、波のサイズsetはムネでしたが、昼食を食べてから到着した時には、季節風のオフショアで抑えられてsetコシまで小さくなっていました。

昼食を食べたら、きつかった前日の仕事の疲れが出ました。
新港に到着してからしばらく休んでから、海に入りました。

第1駐車場正面から北側の港寄りのポイントで、13:45~15:45の時間に海に入りました。

11本テイクオフをしました。
内容はともかく、波が小さかったので10本以上乗ることが出来ました。
まあまあ良い感じで乗れたのは1本だけでした。
その1本で、ボードから降りたら、水深が浅かったので驚きました。


菖蒲田をホームとする女子のプロボディボーダーがサーフィンをしていました。
前週も彼女はサーフィンをしていました。
昔、サーフィンをしていたのを見たことがありましたが、ここ数年は見ていませんでした。
再開したのか、自分が見掛けなかっただけで、ずっと続けていたのかは分かりません。

自分は前週同様、グローブを着けて海に入りました。
グローブをしていなかった人は、手を冷たそうにしていました。
更にブーツを履いていない人たちもいました。
その中に、おそらく40~50代のロングボーダーがいたのには驚きました。

2015年12月05日 新港6
2015年12月05日 新港7
2015年12月05日 新港8

波情報サイトBCMで紹介されていた、この日の新港のコンディション指数は次の通りでした。
06:20 △40(15人)
09:00 △40(70人)
12:20 ▽30(50人)
16:20 ▽25(5人)


6'6"(198cm)のボードで海に入るのは、201回目。


  1. 2017/03/08(水) 05:00:00|
  2. 海・宮城 仙台新港~蒲生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2015年12月05日 岩手県奥州市水沢区太日通り 奥州大勝軒ちば

2015年168杯目。

この日は、岩手県奥州市水沢区郊外の国道4号線沿いにある「じょんがら」というお店で夕食を食べるつもりでしたが、「じょんがら」の営業は昼だけでした。

疲れていて、行ったことが無いお店を探してウロウロするのが面倒でした。
以前、食べたことがある水沢区中心部の「奥州大勝軒」で食べることにしました。

2015年12月05日 大勝軒1

「奥州大勝軒」で食べるのは、この日が3度目でした。
前回食べたのは、2015年4月2日でした。
「東池袋大勝軒」の創業者で、ラーメンの神様と呼ばれた山岸一雄さんが亡くなられた翌日でした。


19時過ぎにお店に入りました。
賑わっているという程ではありませんでしたが、さみしくならない程度の人数のお客さんがいました。

前日、岩手県南部の平地で初雪が降りました。
寒い日だったので、味噌ラーメンが食べたい気分でした。
まだ「奥州大勝軒」で食べたことが無かった「味噌ラーメン」(¥880、大盛¥150、チャーシュー¥250)を食べました。

メニューの中で、味噌ラーメンは「要望に応えた新メニュー」の扱いでした。
2014年10月13日に、自分が初めて食べた時も、味噌ラーメンはありました。
1年以上前のことなので、この日の時点で新メニューということはなかった筈ですが、開店当初に味噌ラーメンは無かった様です。

2015年12月05日 大勝軒2

東京の東池袋大勝軒の本店には行ったことがありませんが、ホームページを見ると、メニューに味噌ラーメンはありません。
本店のレギュラーメニューではないので、暖簾分けした各地の大勝軒にある味噌ラーメンは各店のオリジナルということになります。

味噌ラーメンには、お店の個性がはっきり出るのかもしれません。
仙台に住んでいた頃、しょっちゅう食べていた「仙台大勝軒」の味噌ラーメンと「奥州」の味噌ラーメンでは、見た目がかなり違っていました。

「仙台」の味噌ラーメンにのっていた玉ネギの微塵切りはなく、「仙台」にはなかったスイートコーンともやしがのっていました。
「仙台」は結構辛味が効いていました。
「奥州」も一味が入っていましたが、それ程辛くはありませんでした。
代りに、揚げネギの香ばしい香りがしました。

「仙台」より「奥州」の方がオーソドックスなスタイルでしたが、やはり「大勝軒」らしさが感じられました。
「仙台」よりアッサリしていましたが、魚介の風味が効いていて、どっしりした重量感がありました。

ストレートの太麺はややもっそりしていました。

チャーシューは、モモとロースの2種類で、大判のチャーシューの他、サイコロチャーシューがありました。
チャーシューは、前々回、前回、今回で印象が異なりました。
最初のチャーシューが一番でした。
「仙台大勝軒」も、チャーシューの味が時々変わっていました。

2015年12月05日 大勝軒3

寸胴型の丼にたっぷり入って、ボリュームがありました。
おいしい味噌ラーメンでしたが、昼にオイリーなラーメンを食べていたこともあり、スープは飲み切れませんでした。


奥州 大勝軒 ちば



関連ランキング:つけ麺 | 水沢駅





テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

  1. 2017/03/09(木) 06:00:00|
  2. ラーメン・秋田
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2015年12月06日 岩手県北上市常盤台 だるまや

2015年169杯目。

山形県内陸地方には、辛味噌ラーメンが看板のお店が多くあります。
一番有名なのは、辛味噌を溶かしながら食べるスタイルの「龍上海」ですが、最初から辛味を溶かして出て来るタイプのラーメンもたくさんあります。
「だるまや」は、そういう辛味噌ラーメンのお店の一つです。
山形市周辺で数店舗を見たことがありますが、ニューウェーブのお店が増えてきた最近は、あまりパッとしない印象がありました。

それなので、「食べログ」で、山形から遠く離れた岩手の北上に「だるまや」があることを知った時は驚きました。
いつか行こうと思っていました。

前々日、岩手県南部の平地で雪が降りました。
辛味噌ラーメンが食べたくなる、寒い冬の日でした。

2015年12月06日 だるまや1

13時頃、お店に入りました。
先客は10数人いて、後からもポツポツ人が入ってきました。
数組の家族連れがいて、年配の1人客も数人いました。
黒いTシャツにエンジ色のエプロンを掛けた3人のオカアサンが働いていました。
背表紙が色あせた漫画本がたくさん置いてありました。
開店から長い時間が経ち、すっかり地元に根付いている雰囲気がありました。

2015年12月06日 だるまや2

「からしみそらーめん」(¥700、大盛¥100、チャーシュー¥280)を食べました。

胡麻と一味が浮いた味噌スープは、それ程辛くありませんでしたが、胡麻の香ばしさがありました。
コッテリ目で魚ダシが効いていました。
今風ではなく、インパクトはありませんが、コクと旨味がはっきり感じられる、分かりやすい味付けでした。

麺は、ツヤのある縮れた太麺でした。

丼の縁に並んだ豚バラ肉を巻いたチャーシューは、口の中でとろける様に柔らかく美味でした。
チャーシューの他に、もやし、コーン、ワカメとニラが少しのっていました。
ワカメはどんなタイプのラーメンにも合うトッピングではありませんが、このラーメンには合っていました。
コッテリ目の味噌ラーメンとワカメの相性は良いと思います。

2015年12月06日 だるまや3

岩手で久し振りに食べた「だるまや」の辛味噌ラーメンは美味でした。


だるまやらーめん家族



関連ランキング:ラーメン | 柳原駅




テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

  1. 2017/03/10(金) 05:30:00|
  2. ラーメン・岩手
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2015年12月12日 山形県新庄市十日町 まんぷく

2015年170杯目。

こちらは、山形県新庄市郊外の国道13号線沿いにあるお店です。
店舗は、農村部の古民家の様な造りで、大きな屋根には「ラーメン」と書いてあります。
以前から気になっていたお店でした。

2015年12月12日 まんぷく1
2015年12月12日 まんぷく2

広い駐車場の隅に丸太があり、敷地内の小屋には薪が保管されていました。

2015年12月12日 まんぷく4
2015年12月12日 まんぷく3

お店の暖房は薪ストーブでした。

2015年12月12日 まんぷく5
2015年12月12日 まんぷく6

11:15頃お店に入りました。
年配の御主人夫婦が働いていました。
先客はいませんでした。
後から年配の御夫婦が入ってきました。
2人は、御主人夫婦と知り合いの様でした。

新庄の御当地ラーメンは、鶏のモツが入った「とりもつラーメン」です。
「もつチャーシューメン」(¥900)を食べました。

2015年12月12日 まんぷく7

醤油スープは、薄い色をしていて、表面が透明な油で覆われていました。
鶏ダシで、軽やかな旨味がありました。
少し酸味があり、個性的な風味でした。
好みが分かれるかもしれません。
自分は好みでした。
モツの匂いを抑える為なのか、醤油ラーメンにしては珍しく、一味が振ってあり、これが良いアクセントになっていました。

しっかりあく抜きされた鶏モツは、クセがなく、柔らかでした。
味付けは薄めでした。
食感は、もっそり、ホクホクしていましたが、クセが無さ過ぎて、臓物を食べている感じがしなかったのは残念でした。

厚めに切られた豚バラ肉を巻いたチャーシューは柔らかく、しっかり味が染みていて、美味でした。

縮れた太麺は、ツヤがあって透明感がありました。
柔目の茹で加減でしたが、スープとよく合っていました。

大盛ではなく並盛でしたが、麺とチャーシューのボリュームがあり、ちゃんとお腹が膨れました。


会計の時に厨房を見ると、ラップを掛けたチャーハンがありました。
お店を出てから、自分は山形市方面に向けて出発しました。
それと同時に、軽トラックが駐車場から出て、反対方向に走っていきました。
出前の車だったと思います。

良い天気でした。
お店の前から、山形と秋田の県境に聳える鳥海山が見えました。

2015年12月12日 まんぷく8


まんぷく



関連ランキング:焼肉 | 泉田駅



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

  1. 2017/03/15(水) 05:00:00|
  2. ラーメン・山形
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2015年12月12日 山形県天童市大字山口 高瀧山光明院

東北三十六不動尊霊場 第3番。
天台法流。
本尊 不動明王。

東北三十六不動尊霊場の札所巡りをしています。

所用があり、山形県天童市に泊りがけで出掛けました。
その機会を利用して、市内の天童高原にあるこちらの札所を参拝しました。

2015年12月12日 札所1
2015年12月12日 札所2

朝、御寺に電話して、13時から15時の間に伺う旨を伝えました。
13時頃、住宅と棟続きの小さな御堂に到着しました。入口にあった鐘を鳴らしましたが、誰も出てきませんでした。

2015年12月12日 札所3

御寺の近所に鳥居がありました。
参道の標識があったので、そこから山の上に続く道を登りました。

2015年12月12日 札所4
2015年12月12日 札所5
2015年12月12日 札所6

途中に採石場があり、そこから先は通行止めでした。
車を降りて、歩きました。

天気が良く、師走にしては暖かい日でしたが、沢沿いの参道は、木々に陽射しが遮られて薄暗く、ひんやりしていました。
しばらく前に降った雪は、平地ではすっかり融けていましたが、山中の道沿いの雪は融け残っていました。

2015年12月12日 札所7
2015年12月12日 札所8

参道は、細いながらも、途中まで舗装されていました。
舗装が途切れ、砂利道に変わったところで引き返しました。

14時頃、御寺に戻りました。
御堂の鐘を鳴らしても、やはり誰も出てきませんでした。
そこで、棟続きの住宅の呼び鈴を鳴らしました。
すぐに住職の方が出てきました。

御朱印を頂いた後、御寺にまつわる興味深い話をいろいろと伺いました。

こちらは、昔、修験の御寺だったそうです。
元の本堂は、自分が途中まで行った参道の先にあり、車でも行けたそうです。
ただし、その場所に現在あるのは、御堂ではなく、御稲荷さんということでした。

西の方に、月山と葉山が見えました。
往時、御寺がある地域と葉山は、修験が盛んな所でした。
葉山の手前に見える河北町にこちらの講があったそうです。
現在でも、年間500人程の参拝者がいて、その内、350人は県外から来ているそうです。

2015年12月12日 札所9

江戸時代には2つの里坊があり、一つは天領、他方が寺領でした。
こちらの御寺は天領の里坊で天台宗、寺領の里坊は真言宗だったそうです。

明治の廃仏毀釈では、山形県でこちらが最初に廃寺になったそうです。
廃寺から、どの様な経緯で御寺が再開されたのかは聞きませんでした。
現在は、代々の当主が、定年退職後に御寺を守っているそうです。
話を伺った当代の方は市職員、先代は県職員だったそうです。
話をしていて、まったく抹香臭さが感じられなかったのも当然でした。

いったん廃寺になりましたが、仏像や仏画は残っていて、山の上にあった本堂や奥ノ院、寺領だったもう一つの里坊の物もまとめて保管していました。
天台宗の御寺ですが、真言宗開祖の弘法大師像もありました。

不動明王像が3体ありました。
1体は、明治に福島・会津若松の愛宕町にあった御寺のもので、1体は、戦時中、確か神奈川から疎開し、そのまま預かっているものだそうです。

日光の輪王寺と善光寺に、こちらの親戚の御坊様がいるそうです。
同じく、東北三十六不動尊霊場の札所で、翌日参拝した山形市の「大樹院」とも縁があるそうでした。

格式の高い御寺でした。

2015年12月12日 札所91
2015年12月12日 札所92




  1. 2017/03/15(水) 20:45:00|
  2. 東北三十六不動尊霊場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2015年12月12日 山形県天童市大字山元 鈴立山・若松寺

最上三十三観音霊場 第1番。
天台宗。
本尊 聖観音。

東北三十六不動尊霊場の札所巡りをしています。
この日は、山形県天童市にある第3番札所・光明院を参拝しました。
光明院の近くにこちらの御寺がありました。
光明院の後にこちらの御寺を参拝しました。

2015年12月12日 若松寺1
2015年12月12日 若松寺2
2015年12月12日 若松寺3
2015年12月12日 若松寺4
2015年12月12日 若松寺5

御寺の近所に、「最上三十三観音霊場の第一番札所」と書かれた幟が立っていました。
こちらは、縁結びの観音様として有名で、確か、河北町の御蕎麦屋さんで手にした山形県のタウン誌に紹介されていました。

縁結びのスポットとあって、若い人、特に女性の参拝客が多くいました。
奈良時代の高僧・行基菩薩が開山したと伝えられる古刹ですが、華やいだ雰囲気がありました。

直前に参拝した光明院同様、境内から、眼下に広がる山形盆地を見晴らすことが出来ました。

2015年12月12日 若松寺6
2015年12月12日 若松寺7

2015年12月12日 若松寺8




  1. 2017/03/16(木) 20:00:00|
  2. 寺院・天台宗
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2015年12月12日 山形県天童市東本町 寿司ショップ彩

2015年171杯目。

この日、所用があって、山形県天童市に一泊ました
夕食は、市中心部の天童公園から程近いところにある、こちらのお寿司屋さんで食べました。
以前、山形のローカルテレビ番組で、ラーメンを出すお寿司屋さんとして紹介されたことがあるお店です。

2015年12月12日 彩1
2015年12月12日 彩2

17:15頃、お店に入りました。
テレビに紹介されたことがあるラーメンを食べてみてほしい、という貼り紙がありました。
BGMはJ-POPでした。
時間が早かったので、しばらく客は自分1人でした。
後から、2人連れの年配のオカアサンたちが入ってきました。

2015年12月12日 彩3
2015年12月12日 彩4

初めに、「カキフライ(3ヶ)」(¥360)をつまみに、「生ビール」(¥500)2杯で喉を潤しました。
ビールはサッポロの黒ラベルでした。
黒ラベルも缶だと物足りませんが、生ビールは文句なしでした。
職場の食堂以外でカキフライを食べるのは久し振りでした。
揚げたてのカキフライは、身が大きく、ふっくらして美味でした。

2015年12月12日 彩5
2015年12月12日 彩6

〆に「らーめんと江戸前」(¥1,030、大盛¥110)のセットを食べました。
ラーメンと寿司の他に、揚げ出し豆腐と漬物が付いていました。

2015年12月12日 彩7

ラーメンは、節の香りが立った和風ラーメンでした。
和風ラーメンと言えば、同じ天童市内の老舗蕎麦屋「水車生そば」の「鳥中華」が有名です。
「水車生そば」の「鳥中華」は、昔、一度食べたことがあります。
「鳥中華」のスープは、ほぼ鴨南そばの汁でした。
こちらのラーメンのスープは、「水車」の「鳥中華」より甘味が控え目でした。
蕎麦ツユよりラーメン寄りでしたが、お寿司と合わせて食べるのに相応しい、和風な味わいでした。

縮れたツヤのある中太麺は、好みより少し柔目の茹で加減でした。
豚バラ肉を巻いたチャーシューとメンマがのり、斜め切りのネギが多く散らしてありました。

お寿司は、マグロ、イカ、エビ、玉子焼きでした。
ラーメンと一緒に出てきましたが、お寿司の後にラーメンが出て来る順番が良かったと思います。
ラーメンもお寿司も、出てきたらすぐに食べたいので、ラーメンとお寿司を交互に食べました。
交互に食べたら、どちらの印象も少しぼやけました。

寿司ショップ彩



関連ランキング:寿司 | 天童駅




テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

  1. 2017/03/17(金) 05:30:00|
  2. ラーメン・山形
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

支那竹メンマ

Author:支那竹メンマ
ラーメンを食べるのと、海に浮かんでぼんやりするのが楽しみ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ラーメン (803)
ラーメン・宮城仙台市青葉区 (94)
ラーメン・宮城仙台市泉区 (158)
ラーメン・宮城仙台市宮城野区 (49)
ラーメン・宮城仙台市若林区 (16)
ラーメン・宮城仙台市太白区 (14)
ラーメン・宮城県北エリア (123)
ラーメン・宮城県南エリア (20)
ラーメン・山形 (66)
ラーメン・福島 (30)
ラーメン・岩手 (118)
ラーメン・秋田 (16)
ラーメン・青森 (3)
ラーメン・茨城 (33)
ラーメン・千葉 (40)
ラーメン・栃木 (5)
ラーメン・埼玉 (2)
ラーメン・東京 (4)
ラーメン・神奈川 (2)
ラーメン・山梨 (2)
ラーメン・宮崎 (5)
ラーメン・海外 (3)
ラーメン以外の外食 (111)
麺類 (16)
牛丼屋 (6)
ファミレス (11)
居酒屋 (9)
旅館・ホテル (17)
その他 (34)
海外 (18)
自炊 (52)
海 (285)
海・宮城 仙台新港~蒲生 (145)
海・宮城 菖蒲田 (55)
海・宮城 本吉 (24)
海・宮城 その他 (2)
海・福島 (9)
海・秋田 (1)
海・岩手 (1)
海・青森 (2)
海・茨城 (14)
海・千葉 (25)
海・神奈川 (2)
海・宮崎 (4)
海・海外 (1)
山 (8)
雪 (6)
寺社、史跡等 (144)
一宮 (16)
出羽三山 (6)
奥州三十三観音霊場 (4)
庄内三十三観音札所 (3)
平和観音霊場 (1)
東北三十六不動尊霊場 (16)
四寺廻廊 (3)
仙台 十二支守り本尊 (13)
御稲荷様 (4)
神社・山形県 (9)
神社・宮城県 (17)
神社・岩手県 (5)
神社・青森県 (1)
神社・茨城県 (1)
寺院・曹洞宗 (6)
寺院・真言宗 (1)
寺院・浄土宗 (1)
寺院・慈恩宗 (1)
寺院・天台宗 (2)
寺院・御堂 (5)
古墳 (7)
史跡 (12)
博物館 (10)
ドライブ、旅行 (40)
日記 (142)
雑記 (30)
長寿温泉 (95)
寄席 (5)
ライブ (12)
未分類 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR