徒然らあめん備忘録

2012年03月17日 らーめん・かいじ

2012年43杯目。

ここで食べるのは、今回が8回目ですが、これまで、「かいじのらーめん」(¥850)ばかり食べていました。
今回、初めて「かいじのらーめん」以外のメニューを食べました。

2012年03月17日_かいじ

食べたのは、「かいじの辛らーめん」(¥850)。
小辛・中辛・大辛の3段階の辛さがあり、中辛を選択。
「特製辛味噌を合わせた濃厚な旨辛スープ」が、宣伝文句。

醤油ダレの代わりに辛味噌が入ってるのではなく、「かいじのらーめん」にそのまま辛味噌を加えたのか、味付けはかなり濃くて、スープを飲み干すのが、少しきつい程、しょっぱかったです。

辛さもありましたが、辛さよりもしょっぱさの方が勝っていました。
ご飯と一緒に食べると、ちょうどよいかもしれません。

旨味がしっかりあって、しょっぱめ。
この店の近くにある、「徳島ラーメン人生」同様、ご飯と相性が良さげなラーメンでした。


店舗住所
宮城県仙台市泉区市名坂黒木川原34-2
スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

  1. 2012/04/01(日) 18:00:00|
  2. ラーメン・宮城仙台市泉区
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2012年03月18日 丸源ラーメン・仙台泉店

2012年44杯目。

半熟煮玉子入り磯海苔の塩ラーメン(¥819、大盛¥126、替玉¥126、クーポン値引-¥105)を食べました。

ベースのスープは、あっさりしていて、少し物足りなさを感じましたが、岩海苔と丼の縁に添えられた柚子胡椒が良いアクセントになっていました。
麺は、ほぼストレートの細麺でツヤのあるタイプ。

2012年03月18日_丸源



店舗住所
宮城県仙台市泉区高玉町4-13

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

  1. 2012/04/01(日) 20:00:00|
  2. ラーメン・宮城仙台市泉区
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2012年03月19日 仙台っ子・泉店

2012年45杯目。

この日は体調が良くなく、精を付けたかったので、「ネギらーめん」(¥780)と無料のライスに、「半ギョーザ」(¥210)を食べました。

2012年03月19日_仙台っ子



店舗住所
宮城県仙台市泉区泉中央4-19-3

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

  1. 2012/04/02(月) 22:00:00|
  2. ラーメン・宮城仙台市泉区
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2012年03月20日 仙台新港

春分の日の3月20日、震災後、初めて、仙台新港で海に入りました。

3月9日に、追悼慰霊祭と安全祈願祭が行われ、12日から海に入ることが出来るようになりました。

前の週の木曜頃から前日の19日まで、風邪による高熱で体調が悪かったのですが、この日の朝、起きると、熱がすっかり下がり、前日までの不調がウソのように普段の体調に戻っていました。
直前の週末は、海に入っておらず、また、朝の携帯の波情報を見ると、そこそこのコンディションだったので、新港に行きました。

震災前、最後に新港で海に入ったのは、昨年の2月26日。
約1年ぶりの仙台新港でした。

海が解放になったとはいえ、新港のポイントの周辺が元通りになったわけではありません。
まず、駐車場の状況が震災前と大きく変わりました。
海を見下ろす高台にあった、収容台数の多い向洋海浜公園第一駐車場は立ち入り禁止で、高台の手前と側にある第二、第三駐車場だけが利用可能でした。
第二・三駐車場は、収容台数が少ないため、自分が到着した時は、既に満車状態で、駐車場に空きが出るのをしばらく待ちました。
また、駐車場から、まっすぐ海に出ることは出来ず、駐車場の右手の蒲生干潟に迂回する必要がありました。

2012年03月20日_仙台新港1

海岸から駐車場のある高台を見て、第一駐車場の立ち入り制限や、海に向かう進路の規制がしかれている理由がわかりました。
高台から海におりる斜面の下半分ほどが浸食されていて、高台からまっすぐ海に下りるのは危険な状態でした。

実は、去年の4月3日の早朝、震災からまだ一か月経っていない新港の様子を見に行きました。
この時、既に斜面の浸食が始まっていましたが、浸食されていたのは、斜面の麓の部分だけで、大津波で一時的に土や砂が流されたのかと思いました。
しかし、この1年で浸食がかなり進んでいました。
地形の変化で潮の流れが変ったことによる恒常的な浸食の様でした。

2012年03月20日_仙台新港3
2012年03月20日_仙台新港4

浸食の進行を防止する措置のためか、高台と干潟の境界部分の前あたりに、震災前には無かったテトラポッドがありました。

震災前、テトラポッドの近くには、浜から海に向かって一列に並ぶ杭の列があり、ポイントの名称になっていました。
ほとんどの杭が無くなっていましたが、海中に打たれた杭が数本だけ残っていました。

駐車場のある高台の南側に、七北田川の河口まで続く蒲生干潟も、震災前とは様子が変わっていました。
野鳥の営巣地だった草むらはすっかり無くなり、土がむき出しの状態でした。
震災前には、干潟の側に民家もありました。

2012年03月20日_仙台新港2

東日本大地震が発生し、それまで、ほとんど毎週末、入っていた、宮城や福島の海に入れなくなりました。
震災発生翌月の4月には、被災地のボランティア活動に参加したりして週末を過ごしましたが、日が経つにつれ、海に入りたいという想いが強まり、日本海や関東に足を運んで、海に入るようになりました。

この1年で行った茨城や千葉のポイントの中には、津波に被災していたところもありましたが、沿岸の建物が根こそぎ波にさらわれたというわけではなかったので、被災地ということをあまり意識することがありませんでした。

しかし、仙台新港や、新港に先駆けてサーフィンが解禁になった菖蒲田浜は、沿岸の風景が震災前とは一変しています。
非現実的とも思える風景の中で海に入るのは、やはり後ろめたい気分を伴いました。

2012年03月20日_仙台新港5

ただ、海の上では、名前は知らないけれど、見覚えのある面々がいて、新港にいるのだという感慨がありました。
そこかしこで、久しぶりの再会の挨拶が交わされていました。

テーマ:サーフィン・ボディボード - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/04/05(木) 22:00:00|
  2. 海・宮城 仙台新港~蒲生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2012年03月20日 天下一品・中央通り店

2012年46杯目。

20代の頃、「天下一品ラーメン」は、自分にとって最高のご馳走でした。

初めて「天下一品ラーメン」を食べたのは、仙台一の繁華街、国分町にあった「こむらさき店」で、もう20年以上前のことです。
初めて食べた「天一」のスープは、それまで食べたどんなラーメンよりも、濃度が高くてドロドロで、その濃厚な味わいは、カルチャーショックでした。
その頃、仙台にあった「天一」の店は「こむらさき店」だけで、当時は、「天一」の本店が京都にあることや、仙台の「天一」が、他県の「天一」と少し違っていることも知りませんでした。

その後、本店のある京都を含む他県でも、「天一」を食べる機会があり、仙台の「天一」が他県の「天一」と違っていることを知りました。

京都の「天一」の麺は、加水率が低めで、ややボソボソとした食感があるのに対して、仙台の「天一」の麺は、黄色くツヤのあるタイプ。
この京都の「天一」の麺の特徴は、「天一」以外の、京都の中華そばの多くに共通した特徴の様で、関西の「天一」を知る人にとっては、仙台「天一」の麺に抵抗を覚えるかもしれません。

お土産用の「天一」が販売されているぐらいなので、スープのレシピは、しっかりと決められている筈ですが、何故か、店による味の違いが結構大きいのが、「天一」の不思議なところで、仙台市内にあった4店舗の中でも、スープの味が大きく違っていました。

「こむらさき店」と今回食べた「中央通り店」が、自分にとってのスタンダードで、「台原店」と「仙台バイパス店」のスープは、「天一」とはいえ、最近の自分にとっては、スープの濃度が高すぎて、ストライクゾーンから外れかけている印象がありました。

ただし、自動車を日常の主な移動手段にしている自分にとって、街中の「こむらさき店」と「中央通り店」はなかなか足を運びづらく、また、年とともに、ドロドロスープを持て余すようになり、若い頃の最高のご馳走だった「天一」は、年に1回食べる程度になりました。

そして、昨年の4月、久しぶりに「こむらさき店」に行くと、震災で店のあった建物が立ち入り禁止になっていて、店の前で呆然としました。
結局、去年は「天一」を一度も食べませんでした。

前回、「天一」を食べたのは、一昨年の4月の「台原店」で、今回が約2年ぶりの「天一」です。
前回食べた「台原店」も、「こむらさき店」同様、震災で閉店し、仙台の「天一」の店は、今回食べた「中央通り店」と「台原店」の2店舗になりました。


春分の日だったこの日の12時過ぎに店に行くと、店の入り口の前に、「天一」を宣伝する、食いだおれ人形のコスプレをした男性が立っていました。
建物の中の奥まった場所にある店に行くと、ほぼ満席状態の大賑わい。

2012年03月20日_天下一品・店舗


「大盛り肉多め」(¥1,150)を食べました。
約2年ぶりの「天一」でしたが、今回は、いま一つでした。
いつも、そうしているように、最初、何も加えずスープを飲むと、何か物足りなさを感じて、急いでニンニクと辛しみそを加えましたが、それでも物足りませんでした。

スープは相変わらずこってりしていて、独特のコクがありました。
足りなかったのは、ドロドロスープをしっかり消化できる胃腸だったのかもしれません。

若い頃は、いつ食べても、おいしい「天一」でしたが、ここ数年は、その時の体調を測るバロメータになってきました。
この日、それほど体調が悪かったわけではありませんが、少し疲れ気味でした。
また、しばらくしてから、体調が万全な時に出直します。

2012年03月20日_天下一品



店舗住所
宮城県仙台市青葉区中央2-6-6

天下一品 中央通り店ラーメン / あおば通駅広瀬通駅仙台駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

  1. 2012/04/06(金) 22:00:00|
  2. ラーメン・宮城仙台市青葉区
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2012年03月24-25日 湘南遠征

土曜と日曜の2日間とも、白河IC以北の東北地方の高速道路が無料だった、最後の週末の3月24・25日に、湘南まで遠征しました。
1日目の24日に、仙台から神奈川まで移動。
2日目の25日の午前中に、鵠沼で海に入り、午後、仙台に戻りました。

最初から、湘南に行くと決めていたわけではなく、湘南で波が無いようであれば、千葉に向かうつもりでした。
24日の昼ごろ、遠征にしては遅い時間に仙台を出発し、時々、千葉と湘南の波情報をチェックしながら、東北自動車道を南下しました。

夕方の波情報を見て、湘南でも翌日に波がありそうだったので、神奈川に向かいました。
神奈川まで行くには、当然、首都高を利用しました。
首都圏の土地勘が無い自分にとって、首都高は半ば鬼門の様なもので、これまで何度も道を誤り、道に迷ったことがありますが、今回は、渋滞には巻き込まれたものの、進路方向に迷うことはなく、往きも帰りも比較的スムーズに東京を通り過ぎることが出来ました。
この一年、何度も、関東に遠征したおかげで、首都高に対する苦手意識が薄まりました。
もっとも、今後、首都高を走る機会はほとんど無いと思います。

2012年03月25日_厚木健康センター

24日の夜は、東名自動車道の厚木ICに程近い、東名厚木健康センターに宿泊しました。
健康ランドを宿泊に利用することも、遠征を繰り返したこの1年の間に覚えました。
宿泊に利用した健康ランドは、これで5件目ですが、ここが最も街中にある健康ランドで、利用客が一番多くて、賑やかでした。
たくさんの人が、仮眠室に入りきれず、閉店した食堂の座敷などにブランケットを持ち込んで、寝ていました。
健康ランドなので、いろいろなタイプの風呂がありましたが、草津から持ってきた温泉を利用した露天風呂があるのには驚きました。

翌朝、健康ランドで朝食を食べた後、湘南に移動、午前中、鵠沼で海に入りました。
海からあがった後、一緒に海に入った友人が、生しらす丼が、江の島名物だというので、江の島に行きました。
ただし、この冬は寒かったので、まだしらすが捕れず、生しらす丼は食べられないということだったので、釜揚げしらす丼を食べました。

その後、後戻りになりましたが、行きたかったラーメン屋があったので、厚木市に戻り、ここで2食目の昼食を食べた後、そのラーメン屋から最寄りの海老名ICから高速道路に乗り、仙台までの帰路に着きました。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2012/04/14(土) 14:00:00|
  2. ドライブ、旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2012年03月24日 手打ち中華そば・和屋

2012年47杯目。

2012年03月24日_和屋・店舗

東北自動車道の福島飯坂ICから、国道13号線を山形・米沢方面に少し走ったところにある、福島市で人気の白河ラーメンの店ということでしたが、残念ながら、自分の口には合いませんでした。

白河ラーメンの割には、スープに浮かぶ油が結構多かったのですが、この油が良くも悪くも後を引きました。
白河ラーメンはあっさりし過ぎると感じることもあるので、食べている間は、この油が、この店特有のコクに感じられて、それなりにおいしかったのですが、食後、この油のせいか、ひどく胃がもたれました。

メニューの中で、一番、値段が高い「雲呑焼豚麺」(¥1,000、大盛¥150)に、半熟煮玉子(¥100)をトッピングして食べただけに、残念でした。

2012年03月24日_和屋


店舗住所
福島県福島市飯坂町平野字原76-1

手打ち中華そば 和屋ラーメン / 医王寺前駅平野駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.5


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

  1. 2012/04/15(日) 18:00:00|
  2. ラーメン・福島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2012年03月24日 麺や食堂

2012年48杯目。

3月24日と25日の週末、神奈川に行き、厚木市で一泊しました。
神奈川に行く機会はほとんど無いので、事前に、厚木市で人気のラーメン店を調べ、同市内で指折りの人気を誇るこの店でラーメンを食べました。

食べたのは、「味玉そば」(¥780、大盛¥200)。

2012年03月24日_麺や食堂


「料理を目で楽しむ」。

味だけではなく、見た目の美しさも、料理の重要なポイントの一つである、という、確か、懐石料理を説明する記事で、昔、見掛けた言葉でしたが、まともな懐石料理を口にしたことがなく、外食は専らラーメンの自分には、あまりピンと来ませんでした。

しかし、この店のラーメンを目にして、その言葉の意味を実感することが出来ました。

綺麗にそろった細麺が、流麗なカーブを描いて、醤油スープに浮かんでいる様に、一瞬、見とれました。
どの様に茹でて、盛りつければ、これだけ綺麗に麺が揃うのか、不思議でした。
今まで、食べた中で、もっとも綺麗なラーメンでした。

綺麗なだけではなく、味も上々でした。
やや濃い色をした麺は、小麦がはっきり香り、加水率は若干低めで、ザクッとした歯応えがありながら、しなやかな弾力がありました。

適度な甘みのある、オーソドックスなスタイルの鶏ガラベースの醤油スープが、また、この麺とよく合っていました。

2012年03月24日_麺や食堂・替玉


大盛りを食べましたが、1回、替玉(¥100)もしました。
替玉をしたのは、おいしかったし、腹が空いていたからですが、替玉の麺が、どのような状態で出されるのか、興味がありました。
小さな器に、よそおわれた麺は、残念ながら、スープに浮かんでいる時ほど、麺が揃っていませんでしたが、茹で加減は申し分なく、おいしく腹を満たすことが出来ました。

2012年03月24日_麺や食堂・店舗

店舗は昭和の駄菓子屋風の内外装で、BGMには昔の歌謡曲が流れていました。


店舗住所
神奈川県厚木市幸町9-6

麺や食堂ラーメン / 本厚木駅厚木駅

夜総合点★★★★ 4.5


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

  1. 2012/04/16(月) 23:00:00|
  2. ラーメン・神奈川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2012年03月25日 湘南・鵠沼

2度目の湘南・鵠沼です。

1度目は、昨年の天皇誕生日の12月23日。
この時は、ヒザ~モモのスモールサイズで、おまけに、クリスマス寒波で、湘南だというのに雪にも降られて、散々でした。

しっかりと波のある時に、もう一度、湘南に入りたい、とチャンスを伺っていて、満を持しての2度目の遠征でした。

厚木市に前泊していたので、8時前には鵠沼に到着。
友人と一緒に入りましたが、朝一の携帯の波情報で、まずまずのコンディションだったので、友人の到着を待ち切れず、先に海に入りましたが、結局、今回も波には恵まれませんでした。

サイズは、腰~腹セット胸のサイズでしたが、風で面がガタガタ。
8時20分頃から11時10分頃まで海に入り、前半は、インサイド寄りのミドルで、後半は、アウトサイドで波を待ちましたが、5本ほど、少し走っただけのショートライドをしただけで終わりました。

今回、良かったのは、富士山がよく見えたことと、水が温かかったことでした。
この日は、グローブをはめず、セミドライとブーツだけという、この時期の東北では、考えられないような軽装備で海に入りましたが、水の冷たさはほとんど感じませんでした。

2012年03月25日_鵠沼・富士山

2012年03月25日_鵠沼・銅像

2012年03月25日_鵠沼・江の島

テーマ:サーフィン・ボディボード - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/04/17(火) 23:00:00|
  2. 海・神奈川
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

2012年03月25日 江の島のしらす丼

湘南・鵠沼で海に入った後、一緒に海に入った友人が、生しらす丼が、江の島名物だというので、江の島に行きました。

週末の江の島は大にぎわいで、駐車場は満車状態。
駐車場から、江の島に渡る江の島弁天橋の上まで、駐車場の空き待ちの車の列が並んでいました。

駐車場まで、ノロノロと車を走らせながら、道端に立ち並ぶ飲食店を物色すると、しらす丼を食べられる店はいろいろあるようでしたが、どの店がよいか、まったく分かりませんでした。

駐車した「江の島なぎさ駐車場」の目の前にある、「えの島童子」という店で、待たずに座れる、と店員が呼び込みの声をあげていました。
店員に、生しらす丼があるか、聞くと、この冬は寒すぎて、しらすがまだ捕れず、どの店でもまだ、生しらす丼は提供できていないということだったので、この店で食べることにしました。

2012年03月25日_えの島童子・店舗

店内に入ると、空席は少しあったものの、ほぼ満席状態。
ざるうどんと海鮮物の丼のセットの店で、丼は、当然、釜揚げしらす丼を選びました。

2012年03月25日_えの島童子・メニュー

初めて食べるしらす丼は、おいしかったのですが、特に印象に残る程ではありませんでした。
むしろ、うどんの方が気に入りました。
つけ汁が、普通の蕎麦ツユ風ではなく、こってりしていて、味噌に似た風味もあって、独特でした。
平打ちの麺も、普通のうどんとは違っていて、麺、つけ汁ともに、強く印象に残りました。

2012年03月25日_えの島童子


店舗住所
神奈川県藤沢市江の島


テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

  1. 2012/04/18(水) 06:00:00|
  2. 麺類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

支那竹メンマ

Author:支那竹メンマ
ラーメンを食べるのと、海に浮かんでぼんやりするのが楽しみ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ラーメン (808)
ラーメン・宮城仙台市青葉区 (94)
ラーメン・宮城仙台市泉区 (158)
ラーメン・宮城仙台市宮城野区 (49)
ラーメン・宮城仙台市若林区 (16)
ラーメン・宮城仙台市太白区 (14)
ラーメン・宮城県北エリア (124)
ラーメン・宮城県南エリア (20)
ラーメン・山形 (67)
ラーメン・福島 (30)
ラーメン・岩手 (120)
ラーメン・秋田 (17)
ラーメン・青森 (3)
ラーメン・茨城 (33)
ラーメン・千葉 (40)
ラーメン・栃木 (5)
ラーメン・埼玉 (2)
ラーメン・東京 (4)
ラーメン・神奈川 (2)
ラーメン・山梨 (2)
ラーメン・宮崎 (5)
ラーメン・海外 (3)
ラーメン以外の外食 (112)
麺類 (16)
牛丼屋 (6)
ファミレス (11)
居酒屋 (10)
旅館・ホテル (17)
その他 (34)
海外 (18)
自炊 (52)
海 (288)
海・宮城 仙台新港~蒲生 (148)
海・宮城 菖蒲田 (55)
海・宮城 本吉 (24)
海・宮城 その他 (2)
海・福島 (9)
海・秋田 (1)
海・岩手 (1)
海・青森 (2)
海・茨城 (14)
海・千葉 (25)
海・神奈川 (2)
海・宮崎 (4)
海・海外 (1)
山 (8)
雪 (6)
寺社、史跡等 (145)
一宮 (16)
出羽三山 (6)
奥州三十三観音霊場 (4)
庄内三十三観音札所 (3)
平和観音霊場 (1)
東北三十六不動尊霊場 (16)
四寺廻廊 (3)
仙台 十二支守り本尊 (13)
御稲荷様 (4)
神社・山形県 (9)
神社・宮城県 (17)
神社・岩手県 (5)
神社・青森県 (1)
神社・茨城県 (1)
寺院・曹洞宗 (6)
寺院・真言宗 (1)
寺院・浄土宗 (1)
寺院・慈恩宗 (1)
寺院・天台宗 (2)
寺院・御堂 (5)
古墳 (7)
史跡 (12)
博物館 (11)
ドライブ、旅行 (40)
日記 (142)
雑記 (30)
長寿温泉 (95)
寄席 (5)
ライブ (12)
未分類 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR