徒然らあめん備忘録

2016年02月08日 秋田県湯沢市南台 一家

2016年13杯目。

秋田県湯沢市の国道13号線沿いにあるこちらの中華料理店で夕食を食べました。

2016年02月08日 一家1

道路沿いの看板からは分かりませんでしたが、中国系の人たちが営む、安くてガッツリ食べられるタイプお店でした。
入口に逆さまになった「福」の字の看板がありました。
お店に入ると聞こえて来た女性の出迎えの挨拶には中国語特有のなまりがありました。
御夫婦らしいお2人が切り盛りしていました。

お店に入ったのは18:30頃でした。
座敷に2人1組の先客がいました。
スーツを脱いでワイシャツ姿の格好でお酒を飲んでいました。
後から2人入ってきました。
その内の1人は常連客の様でした。

この手のお店らしく、手頃な値段のセットメニューがありました。
麺にライスと鶏の唐揚げが付くセットでした。
麺は9種類のラーメンと焼きそばの選択肢がありました。
「海鮮ラーメンセット」(¥750)を食べました。

2016年02月08日 一家2

塩味の餡掛けラーメンでした。
餡の中には、殻付きのアサリが3つ、小エビとイカの切り身が1つずつ入っていました。
海鮮の具材は少なかったですが、白菜、ニンジン、ベビーコーン、キクラゲ等のキノコが入っていてボリュームがありました。

麺は縮れたツヤのある細麺でした。
普通盛りでしたが、大盛りと言われても納得する量でした。
ライスは普通の半ライス程度でしたが、大きな唐揚げが2つ付きました。

2016年02月08日 一家3

このタイプのお店らしく強い個性はありませんが、定番のツボを押さえた味付けで、麺の茹で加減、スープの塩加減は申し分ありませんでした。

お腹が膨れて満足しましたが、このタイプのお店ばかり多くなり、昔ながらの町の中華屋さんが減ってしまうのは寂しいと思います。


一家



関連ランキング:中華料理 | 上湯沢駅




スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

  1. 2017/06/03(土) 05:30:00|
  2. ラーメン・秋田
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2016年01月04日 秋田県横手市十文字町海道下 活力らーめん・十文字家

2016年1杯目。

この日は、秋田県横手市十文字町でラーメンを食べました。
あっさりした「十文字中華そば」が有名なところですが、中華ではなく味噌ラーメンを食べました。

国道13号線沿いにあるこちらのお店に入ったのは18時半過ぎでした。
60絡みの御夫婦が働いていました。
自分がいる間、客は自分1人でした。

2016年01月04日 活力1

軽い豚骨臭が店内に漂っていました。
屋号に「家」がつくので、家系の様な豚骨醤油ラーメンが看板メニューかと思ったら、違いました。
メニューの「いち押し」は、「活力味噌めん」でした。

2016年01月04日 活力2

「活力味噌チャーシューめん」(¥980)を食べました。

背脂が浮き、揚げニンニクチップを散らした味噌スープは、コッテリして、しょっぱめでした。
ただし、茹でたキャベツ、もやし、ニンジンがのっていて、しょっぱさは緩和されていました。
甘味はあまり感じられず、渋めでしたが、嫌いな味ではありませんでした。

麺は、縮れたツヤのある太麺でした。
厚く切った豚バラ肉を巻いたチューシューは、しょっぱい味付けでした。

ボリュームがありました。
普通盛りでしたが、食い応えがありました。

2016年01月04日 活力3


こちらで食べた後、近くにある「めん丸」の前を通りました。
そこそこのお客さんの入りでした。
「めん丸」は、味噌ラーメンが看板メニューのチェーン店です。
そこでは食べたことはありませんが、別の「めん丸」で何度か食べたことがあります。
こちらの「活力味噌めん」は、「めん丸」の味噌ラーメンに負けていなかったと思います。


十文字家



関連ランキング:ラーメン | 十文字駅





テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

  1. 2017/04/14(金) 04:30:00|
  2. ラーメン・秋田
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2015年12月27日 秋田県湯沢市元清水 ラーメン直太郎

2015年178杯目。

秋田県湯沢市のこちらのお店は、「ラーメンWalker秋田2012」に掲載されていました。
湯沢横手道路・湯沢ICに程近い住宅街の一角にあるお店に、13時前に到着しました。
お店の周りの駐車スペースは満車でしたが、出て行こうとした車があったので、そこに入れ替わりに車を停めました。

2015年12月27日 直太郎1

テーブル、カウンタ、小上がりの座卓がある店内は、肩の力が抜けた親しみやすい食堂の雰囲気でした。
満席ではありませんが、自分の後からもポツポツ人が入ってきました。

2015年12月27日 直太郎2
2015年12月27日 直太郎3

「Walker」には、「こってりみそラーメン」が紹介されていました。
「チャーシューどっさりラーメン・みそ(こってり)」(¥1,030、大盛¥100)を食べました。

白っぽい色をした味噌スープには細かい背脂が浮いていました。
こってりしていましたが、くどさはなく、素朴な趣がありました。
「Walker」によれば、味噌ダレはこうじ味噌などの3種類の味噌をブレンドしているそうです。
こうじの風味が良く、酒粕が入った汁を飲んだ時の様に、食べ進むにつれて身体がポカポカしてきました。

ほぼストレートのツヤのある太麺はもっちりしていました。

メニューの説明書きによれば、「チャーシューどっさりラーメン」には10~12枚のチャーシューがのっているそうです。
数えてはいませんが、たくさんのっていました。
形は不揃いで、脂身の少ないチャーシューはサックリ噛み切れる程柔らかく、美味でした。
塊の様な大きいチャーシューがゴロリとのっているのも良いのですが、最近は、食べやすいサイズのチャーシューがたくさんある方が嬉しいと思うようになりました。

チャーシューの下にはもやしと挽肉がありました。
刻みネギの他に玉ネギの微塵切りと少量の辛味噌がのっていました。
茹で玉子は固ゆででした。
半熟玉子が全盛ですが、コッテリしたラーメンには固ゆでの方が合うと思います。

2015年12月27日 直太郎4


しばらく暖かい日が続いていましたが、前日から寒くなりました。
この日走った、岩手、秋田、山形のどの県も、雪が積もっていました。
寒い日に相応しい、背脂とこうじ味噌の組み合わせが印象的な味噌ラーメンでした。


2015年最後のラーメンでした。


直太郎



関連ランキング:ラーメン | 湯沢駅



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

  1. 2017/04/05(水) 19:30:00|
  2. ラーメン・秋田
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2015年12月05日 岩手県奥州市水沢区太日通り 奥州大勝軒ちば

2015年168杯目。

この日は、岩手県奥州市水沢区郊外の国道4号線沿いにある「じょんがら」というお店で夕食を食べるつもりでしたが、「じょんがら」の営業は昼だけでした。

疲れていて、行ったことが無いお店を探してウロウロするのが面倒でした。
以前、食べたことがある水沢区中心部の「奥州大勝軒」で食べることにしました。

2015年12月05日 大勝軒1

「奥州大勝軒」で食べるのは、この日が3度目でした。
前回食べたのは、2015年4月2日でした。
「東池袋大勝軒」の創業者で、ラーメンの神様と呼ばれた山岸一雄さんが亡くなられた翌日でした。


19時過ぎにお店に入りました。
賑わっているという程ではありませんでしたが、さみしくならない程度の人数のお客さんがいました。

前日、岩手県南部の平地で初雪が降りました。
寒い日だったので、味噌ラーメンが食べたい気分でした。
まだ「奥州大勝軒」で食べたことが無かった「味噌ラーメン」(¥880、大盛¥150、チャーシュー¥250)を食べました。

メニューの中で、味噌ラーメンは「要望に応えた新メニュー」の扱いでした。
2014年10月13日に、自分が初めて食べた時も、味噌ラーメンはありました。
1年以上前のことなので、この日の時点で新メニューということはなかった筈ですが、開店当初に味噌ラーメンは無かった様です。

2015年12月05日 大勝軒2

東京の東池袋大勝軒の本店には行ったことがありませんが、ホームページを見ると、メニューに味噌ラーメンはありません。
本店のレギュラーメニューではないので、暖簾分けした各地の大勝軒にある味噌ラーメンは各店のオリジナルということになります。

味噌ラーメンには、お店の個性がはっきり出るのかもしれません。
仙台に住んでいた頃、しょっちゅう食べていた「仙台大勝軒」の味噌ラーメンと「奥州」の味噌ラーメンでは、見た目がかなり違っていました。

「仙台」の味噌ラーメンにのっていた玉ネギの微塵切りはなく、「仙台」にはなかったスイートコーンともやしがのっていました。
「仙台」は結構辛味が効いていました。
「奥州」も一味が入っていましたが、それ程辛くはありませんでした。
代りに、揚げネギの香ばしい香りがしました。

「仙台」より「奥州」の方がオーソドックスなスタイルでしたが、やはり「大勝軒」らしさが感じられました。
「仙台」よりアッサリしていましたが、魚介の風味が効いていて、どっしりした重量感がありました。

ストレートの太麺はややもっそりしていました。

チャーシューは、モモとロースの2種類で、大判のチャーシューの他、サイコロチャーシューがありました。
チャーシューは、前々回、前回、今回で印象が異なりました。
最初のチャーシューが一番でした。
「仙台大勝軒」も、チャーシューの味が時々変わっていました。

2015年12月05日 大勝軒3

寸胴型の丼にたっぷり入って、ボリュームがありました。
おいしい味噌ラーメンでしたが、昼にオイリーなラーメンを食べていたこともあり、スープは飲み切れませんでした。


奥州 大勝軒 ちば



関連ランキング:つけ麺 | 水沢駅





テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

  1. 2017/03/09(木) 06:00:00|
  2. ラーメン・秋田
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2015年10月12日 秋田県湯沢市大町 長寿軒

2015年142杯目。

秋田県湯沢市の中心部にある、こちらのお店で食べました。
スープに張った熱い油膜が特徴の湯沢系ラーメンの老舗です。

2015年10月12日 長寿軒1

こちらで食べるのは、この日が2度目でした。
この日は、湯沢市の別のお店で食べるつもりでしたが、カーナビを持っていない自分は、そのお店を見つけることが出来ませんでした。
1度食べたものの、味をよく覚えていなかったので、2度目の訪問をすることにしました。

18時半過ぎに入った店内には、10名程の先客がいました。
2人の女性が働いていました。

2015年10月12日 長寿軒2

壁に、「ラーメン 550」と「ラーメン大盛 700」の2つの品札がありました。
大盛を食べました。

油膜は張っていましたが、スープ自体は、それ程コッテリしていませんでした。
しょっぱめの味付けでした。

濃い目の色をしたツヤのあるストレートの中細麺は、プリッとした弾力がある食感が良く、ほんのり甘味がありました。

麩がのっていました。
湯沢市に隣接する横手市旧十文字町の中華そばにも麩がのっていました。
他の地域ではあまり見掛けないトッピングです。
十文字中華そばは、アッサリしています。
十文字中華に乗っていた麩より、油をたっぷり吸ったこちらの麩の方が美味でした。

厚めに切られた2枚のチャーシューは、脂身はありませんが、しっとり柔らかでした。

スープ表面の油膜は、それ程厚くありませんでしたが、しっかり熱くて、食べた後、胃が熱くなりました。
豪雪地帯に相応しいラーメンでした。

2015年10月12日 長寿軒3

自分がいる間に、この日の店仕舞いが始まりました。
暖簾が店内に片づけられた後に、常連らしい人が、外から窓を開けて、「まだ、入っても大丈夫か?」と尋ねました。
大丈夫という答えでした。

お店から出ると、駐車場にその人の車が入ろうとしていました。


長寿軒



関連ランキング:ラーメン | 湯沢駅






テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

  1. 2016/12/27(火) 05:30:00|
  2. ラーメン・秋田
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2015年09月23日 秋田県湯沢市成沢字堤端 味美・藤田屋・湯沢店

2015年130杯目。

秋田県湯沢市の中心部で夕食を食べるつもりでしたが、当てが外れて、国道13号線を北上していました。
こちらのお店の前を通り掛かりました。
「黒豚と比内鳥を飼育するラーメン屋」という看板に惹かれて、こちらで食べることにしました。
後で確認すると、「ラーメンWalker秋田2012」と、この地域のタウン誌「アンドナウ」2015年2月号に掲載されていたお店でした。

2015年09月23日 藤田屋1
2015年09月23日 藤田屋2

18時半頃入店しました。
テーブル席と小上がりの座卓に、1組ずつ先客がいました。

御品書きの先頭には、みそラーメン系が並んでありました。
「みそチャーシュー」(¥930、大盛¥100)を食べました。

2015年09月23日 藤田屋3

タウン誌によれば、軽くニンニクが効いた味噌スープは、比内地鶏のガラでダシを取り、仙台味噌等の5種類の味噌をブレンドして使っているそうです。
味噌ラーメンにしては、アッサリしていましたが、じんわりと口の中に広がる旨味がありました。
ベースのスープをじっくり味わうのなら、味噌ラーメンより醤油ラーメンの方が良いかもしれません。

麺は、黄色くツヤがある、太さが不揃いで平打ち気味の縮れた太麺でした。
茹で加減は固めでした。

ロース肉のチャーシューは、しっとり柔らかく、端の方は香ばしい風味があり、美味でした。
その他、もやし、コーン、刻みネギ、ニンジンの千切りがのっていて、彩りの良いラーメンでした。

2015年09月23日 藤田屋4


味美 藤田屋 湯沢店



関連ランキング:ラーメン | 下湯沢駅





テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

  1. 2016/11/22(火) 21:30:00|
  2. ラーメン・秋田
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2015年08月12日 秋田県にかほ市金浦下谷地 華月

2015年111杯目。

2015年08月12日 華月1

秋田県にかほ市の国道7号線沿いにあるこちらのお店は、山形県酒田市の名店「満月」に連なるお店です。
お店の前に「酒田のラーメン」の幟がありました。

酒田市がある山形県庄内地方に、「Shonaikozo」というタウン情報誌があります。
以前、「満月」の創業数十年を祝う記事があり、系列の各店がお祝いのコメントを寄せていました。
確か、こちらのお店のコメントもありました。
「満月」の「仙台定禅寺店」が出来る前のことで、県外にも「満月」出身のお店があることを知り、驚いた記憶があります。

12時半頃、お店に入りました。
テーブル席と窓際のカウンタ席の他に、座敷がありました。
店内は、入れ替わり立ち替わりのお客さんで賑わっていて、広い座敷に置かれた沢山の座卓はほとんど埋まっていました。

2015年08月12日 華月2

「焼豚ワンタン麺」(¥900、大盛¥100)を食べました。

煮干が強く香るあっさりした中華そばでした。
煮干の風味が強いのは、酒田だけではなく、庄内地方全体の中華そばの特徴です。
山形に限らず、沿岸地域の昔からの中華そばはこういうタイプが多いのかもしれません。
舌に馴染んだ味です。

メニューの説明書きによれば、動物系のダシに鶏を使っているそうです。
軽い甘味があり、スッキリした飲み口でした。

麺は、強く縮れた太さ不揃いの太麺でした。
もっちりしてコシが強く、食べ応えがありました。

標準的な酒田のラーメンは、麺が細かった印象があります。
「満月」もそうだった気がしますが、本店や酒田市内の系列店で食べたのはかなり昔で、記憶が定かではありません。
最後に食べた満月」系のお店は、2014年10月2日の「仙台定禅寺店」でした。
「仙台定禅寺店」の麺も太くは無かったと思います。

メンマは太く、甘味の強い味付けでした。
メンマも、他の「満月」系のお店とは印象が違いました。

大振りで厚めに切られたモモ肉チャーシューは、しっとり柔らかく、丼の表面を覆っていました。

「満月」と云えば、薄い皮のワンタンです。
チャーシューの下に押し潰されていましたが、食感は滑らかなままでした。
数個を一緒に啜っても、極薄の皮はチュルチュルと滑り込んできました。

2015年08月12日 華月3


概して、庄内の中華そばは量が多いのですが、こちらの麺とチャーシューは特に多かったと思いました。

「満月・定禅寺店」より素朴なお店でした。


華月



関連ランキング:ラーメン | 金浦駅





テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

  1. 2016/09/07(水) 06:00:00|
  2. ラーメン・秋田
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2015年05月16日 秋田県由利本荘市上横町 清吉そばや・本店

2015年74杯目。

「食べログ」で、秋田県由利本荘市のこちらのお店が、朝の8時半から営業していることを知りました。
数日後、岩手から山形に移動する際、遠回りしてこちらのお店で朝ラーメンを食べました。

2015年05月16日 清吉1

市内中心部の広い道路沿いにあるお店の前からは、近くを流れる子吉川に架かる大きな橋が見えました。

2015年05月16日 清吉2

道沿いの看板は小さく、入口には暖簾もありませんでした。
老舗の人気店なのであまり目立たなくても良いのかもしれません。
9時前に到着した時、駐車場に数台の車が停まっていて、食べてお店を後にするまでポツリポツリお客さんが入ってきました。

和モダンな店舗は、建ってからまだそれ程年月が経っていなさそうでした。
天井は高く、梁は太くて、覆いが紙で出来た提灯の様な照明が使われていました。

2015年05月16日 清吉3

風格があって洒落ていましたが、いかにも近所のオカアサンといった雰囲気の女性たちが働いていました。
お店に入って初めに食券を購入しました。
食券機ではなく、オカアサンにお金を払うと小判型のプラスチックの食券を渡してくれます。
食券はメニューごとに色分けされていました。

中華そば、蕎麦、うどんの他、ソーメン、丼物やカレーライスがありました。
店舗は少し気後れするほど立派でしたが、敷居は高いお店ではありませんでした。

「中華そば」を食べました。
自分が食べた大盛りは¥600でしたが、普通盛りは¥480とワンコインでお釣りが来る値段でした。

2015年05月16日 清吉4

鶏の脂が浮いたスープは、強い甘味がありましたが、べたついていませんでした。
魚介ダシは効いていましたが、突出しておらず、風味がスープとじんわりと馴染んでいました。
角がなくまろやかな口当たりでした。

小さな町の老舗なので麺は柔目かと思っていたら、もっちりした食感の縮れた黄色い細麺は固くはないけれども、しっかりしたコシがありました。
チャーシューの代わりに、味付けされた鶏肉がのっていました。
歯応えはしっかりしていましたが、食べやすい一口サイズに切られていて、コリコリした食感を楽しむことが出来ました。


自分の地元は由利本荘市から日本海沿いを100km程南下した山形県庄内地方です。
庄内の中華そばとは違っていましたが、「昔ながらの」と言った感じの素朴な趣があるのは同じでした。

安くておいしく量もしっかりありました。
名店でした。


清吉そばや



関連ランキング:ラーメン | 羽後本荘駅




テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

  1. 2016/05/16(月) 21:30:00|
  2. ラーメン・秋田
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2015年04月19日 秋田県由利本荘市東由利老方字畑田 やしお

2015年57杯目。

この日秋田でラーメン店を2軒ハシゴしました。
2杯目は、由利本荘市東部の国道107号線沿いにある「道の駅東由利」で食べました。
こちらの食事処は「ラーメンWalker秋田2012」で紹介されていました。
あまり期待はしていなかったのですが、とてもおいしかったので驚きました。

2015年04月19日 道の駅1
2015年04月19日 道の駅2

「フランス鴨和風ラーメン」(¥870、大盛¥110)を食べました。

東由利はフランス鴨を生産していて、全国各地の食材を紹介するテレビ番組「満天☆青空レストラン」で取り上げられたこともあるそうです。

2015年04月19日 道の駅3
2015年04月19日 道の駅4

魚介ダシがフワリと香る色の薄い醤油スープは甘味があり、口に含むと濃厚な旨味が口中に広がりました。
標準的な鶏ダシのスープより濃厚でしたが、豚骨ベースのスープより飲み口は軽やかでした。
鴨南そばに通じるものがありました。

2015年04月19日 道の駅5

そのままでも十分においしかったのですが、地鶏の濃縮スープゼリーを溶かすと更にコクが加わりました。
そして「ニンニク酢」を一振りすると、ほのかな酸味で食味が増しました。
味の変化を楽しみました。

2015年04月19日 道の駅6
2015年04月19日 道の駅7

縮れたツヤのある中細麺はスープとよく絡みました。

鴨肉のチャーシューがのっていました。
鶏チャーシューをのせるお店が増えましたが、チャーシューらしくなくてラーメンとあまり合っていないものもあります。
こちらの鴨肉チャーシューはスープとの相性が良くて、ちゃんとしたチャーシューでした。
適度な歯応えと独特の旨味と風味があるおいしいチャーシューでした。

チャーシューの他には麩と舞茸がのっていました。
秋田では麩をのせた中華そばを時々見掛けます。
他所ではあまり見掛けない特色のあるトッピングですが、特別おいしいという印象はありませんでした。
こちらのラーメンにのっていた麩は別でした。
濃厚なスープの旨味をたっぷりと含んだ麩は、食感がしっとりしていて美味でした。

天井の高い店内は、和と洋がうまく合わさった雰囲気で、ピアノの演奏のBGMが控え目な音量で流れていました。
配膳スタッフの方はチョッキを着て、ネクタイをしめていました。
ホテルのレストランの様でした。
後で「ラーメンWalker」を読み返し、ホテル出身のスタッフが企画と調理を手掛けていると知って納得しました。

2015年04月19日 道の駅8

フランス鴨を使ったラーメンは珍しいですが、地産地消の道の駅の食事処ということで値段は手頃で、奇をてらったいやらしさはありませんでした。
昼時の店内はほぼ満席でした。
ラーメン以外のメニューもおいしそうでした。


やしお

昼総合点★★★★ 4.3



関連ランキング:そば(蕎麦) | 由利本荘市その他





テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

  1. 2016/03/30(水) 06:00:00|
  2. ラーメン・秋田
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2015年04月19日 秋田県由利本荘市八幡下 吾作ラーメン・由利本荘店

2015年56杯目。

日本海沿岸の秋田県由利本荘市に出掛けたこの日、秋田で2軒のラーメン店をハシゴしました。
1杯目は、秋田市に本店がある「吾作ラーメン」の由利本荘店で食べました。
おそらく、この日が2度目の「吾作ラーメン」でした。

2015年04月19日 吾作1

昔、旅行で秋田市の中心部を通った時に、あるラーメン店で食べました。
食べた時間が珍しかったので記憶に残っています。

まだ午前中の早い時間でした。
昔からラーメンは好きでしたが、朝の食べ物ではありませんでした。
24時間営業のラーメン屋がある等とは夢にも思ってもいなかった昔のことです。

確か雨か曇りの冴えない天気で、店内から見た秋田の街並みをぼんやり覚えています。
味は憶えていませんが、良い思い出なのでおいしかったのだと思います。
おそらく「吾作ラーメン」の本店でした。


この日食べた由利本荘店の営業時間は9:00~21:00でした。
やはり秋田市で昔食べたのは「吾作」だったと思います。
10時40分頃お店に入ると先客が5人いて、後から2人入ってきました。

¥700の「みそ味」、「醤油味」、「塩味」がありました。
昔何を食べたかは憶えていません。
「みそ」の大盛り(¥100)を食べました。

濃い色をした味噌スープはしょっぱかったのですが、見た目ほどしょっぱくはありませんでした。
最初、物足りない感じがしましたが、卓上のおろしニンニクを加えてしばらく食べ進む内にじんわりと旨味が口の中に広がりました。

軽く縮れたツヤのある中麺は、若干柔めの茹で加減でツルツルもっちりしていました。

メニューにチャーシューメンはありませんでしたが、薄切りチャーシューが数枚と大きな端切れが2つのっていて、チャーシューメンといって良い位のボリュームでした。
ロース肉のチャーシューはしっとり柔らかでした。

2015年04月19日 吾作2

派手さはありませんが、しみじみとした味わいがありました。
秋田ではソウルフードの様なラーメンかもしれません。


吾作 由利本荘店

昼総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:ラーメン | 羽後本荘駅




テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

  1. 2016/03/30(水) 05:00:00|
  2. ラーメン・秋田
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

支那竹メンマ

Author:支那竹メンマ
ラーメンを食べるのと、海に浮かんでぼんやりするのが楽しみ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ラーメン (803)
ラーメン・宮城仙台市青葉区 (94)
ラーメン・宮城仙台市泉区 (158)
ラーメン・宮城仙台市宮城野区 (49)
ラーメン・宮城仙台市若林区 (16)
ラーメン・宮城仙台市太白区 (14)
ラーメン・宮城県北エリア (123)
ラーメン・宮城県南エリア (20)
ラーメン・山形 (66)
ラーメン・福島 (30)
ラーメン・岩手 (118)
ラーメン・秋田 (16)
ラーメン・青森 (3)
ラーメン・茨城 (33)
ラーメン・千葉 (40)
ラーメン・栃木 (5)
ラーメン・埼玉 (2)
ラーメン・東京 (4)
ラーメン・神奈川 (2)
ラーメン・山梨 (2)
ラーメン・宮崎 (5)
ラーメン・海外 (3)
ラーメン以外の外食 (111)
麺類 (16)
牛丼屋 (6)
ファミレス (11)
居酒屋 (9)
旅館・ホテル (17)
その他 (34)
海外 (18)
自炊 (52)
海 (285)
海・宮城 仙台新港~蒲生 (145)
海・宮城 菖蒲田 (55)
海・宮城 本吉 (24)
海・宮城 その他 (2)
海・福島 (9)
海・秋田 (1)
海・岩手 (1)
海・青森 (2)
海・茨城 (14)
海・千葉 (25)
海・神奈川 (2)
海・宮崎 (4)
海・海外 (1)
山 (8)
雪 (6)
寺社、史跡等 (144)
一宮 (16)
出羽三山 (6)
奥州三十三観音霊場 (4)
庄内三十三観音札所 (3)
平和観音霊場 (1)
東北三十六不動尊霊場 (16)
四寺廻廊 (3)
仙台 十二支守り本尊 (13)
御稲荷様 (4)
神社・山形県 (9)
神社・宮城県 (17)
神社・岩手県 (5)
神社・青森県 (1)
神社・茨城県 (1)
寺院・曹洞宗 (6)
寺院・真言宗 (1)
寺院・浄土宗 (1)
寺院・慈恩宗 (1)
寺院・天台宗 (2)
寺院・御堂 (5)
古墳 (7)
史跡 (12)
博物館 (10)
ドライブ、旅行 (40)
日記 (142)
雑記 (30)
長寿温泉 (95)
寄席 (5)
ライブ (12)
未分類 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR