徒然らあめん備忘録

2016年05月04日 長野県 諏訪大社

主祭神 建御名方神
      八坂刀売神
式内社(名神大)
信濃国一宮
旧官幣大社
別表神社

長野県の諏訪湖周辺に4つの御宮がある諏訪大社では7年に一度、御柱祭が行われます。
2016年は御柱祭の年で、この日は、諏訪湖の南に本宮と前宮がある上社で御柱祭の里曳きが行われていました。

柱を山から里に曳き出す「山出し」のことは知っていましたが、御柱を神社までの道中を曳き、社殿四隅に建てる「里曳き」のことは知りませんでした。
前の月に「山出し」の様子をテレビで放送していたので、御柱祭はもう終わったと勘違いしていました。

前の晩泊った諏訪市の旅館で、里曳きの真最中だということを初めて知りました。
諏訪湖周辺の宿泊の予約がなかなか取れませんでした。
何度も空き室を検索して、キャンセルで出来た空き室を予約して泊まりました。
諏訪湖周辺のホテルや旅館が混んでいた理由がようやく分かりました。
諏訪大社の御朱印を貰うために諏訪地方を訪れていながら、御柱祭のことを知らなかったのは間抜けでした。
旅館の人には、御柱祭で忙しいから上社で御朱印を貰うのは無理だろうと言われました。


上社から離れたところに設けられた臨時駐車場に車を停め、御柱が曳かれる上社本宮の東参道の県道に到着したのは8時半前でした。

2016年05月04日 御柱祭01

開会式が行われていました。
道路は大勢の曳き子と観光客で埋め尽くされていました。

2016年05月04日 御柱祭02
2016年05月04日 御柱祭03
2016年05月04日 御柱祭04
2016年05月04日 御柱祭05
2016年05月04日 御柱祭06
2016年05月04日 御柱祭07

御柱は断続的に神社までの道中を曳かれていきました。
曳き始める前に、先ず木遣りが唄われ、その後ラッパが鳴り響きました。
木遣りの主な唄い手は子供たちでした。
ラッパが鳴り終わると、御柱に繋がれた数100メートルの大綱を大勢の曳き子たちが掛け声と共に引きました。
凄い迫力で沿道は活気に溢れていました。

2016年05月04日 御柱祭08
2016年05月04日 御柱祭09
2016年05月04日 御柱祭10

本宮の近くから見物を始めて、本宮に曳かれてい行く御柱とは逆方向に前宮まで歩いて行きました。
自分が到着した時、既に前宮の4本の御柱は境内に入っていました。
境内は氏子と関係者以外は立ち入り禁止でしたが、手前に授与所があり、御朱印を貰うことが出来ました。

2016年05月04日 御柱祭11
2016年05月04日 御柱祭12
2016年05月04日 御柱祭13
2016年05月04日 御柱祭14

前宮の授与所で、本宮でも御柱が境内に入る前なら境内に入れるのではないかと言われました。
混雑する曳行路を避けながら本宮に行きましたが、本宮の境内は既に立ち入りが規制されていました。

2016年05月04日 御柱祭15
2016年05月04日 御柱祭16
2016年05月04日 御柱祭17

それでも、御柱が通る東参道の鳥居まで来たので、御柱が鳥居をくぐるところを見ようと思いました。
鳥居の側に陣取りましたが、御柱が鳥居の手前に来たところで11:30~13:00の昼休みに入りました。

北参道の鳥居に移動しました。

2016年05月04日 御柱祭18

そこも立ち入りが規制されていましたが、境内のトイレを利用するため端の方で境内に出入りする人たちがいました。
その人たちと一緒に境内に入り、御朱印を頂くことが出来ました。

2016年05月04日 御柱祭19
2016年05月04日 御柱祭20
2016年05月04日 御柱祭23

折角境内に入れたので、4本の御柱の内、最初の一の柱が境内に入るところまで見ることにしました。
昼休みの間は、拝殿を参拝し、神楽殿で演奏された諏訪神太鼓を観ました。

2016年05月04日 御柱祭21
2016年05月04日 御柱祭22

たまたま観た諏訪神太鼓でしたが、とても良かったので得をした気分になりました。

2016年05月04日 御柱祭24
2016年05月04日 御柱祭25
2016年05月04日 御柱祭26


御柱が東参道の鳥居をくぐって境内に入る様子は圧巻でした。
境内の曳行も木遣りを合図に行われましたが、ラッパは吹かれませんでした。
御柱を鳥居をくぐらせて境内を進むには細かな調整が必要でした。
それを大人数が綱を引いて行うので、かなり難しそうでした。
綱を持つ大勢の曳き子が一気に横に振れる場面もありました。
一つ間違えれば事故が起こったかもしれません。
立ち入りが規制されていたのも納得しました。

2016年05月04日 御柱祭27
2016年05月04日 御柱祭28
2016年05月04日 御柱祭29
2016年05月04日 御柱祭30
2016年05月04日 御柱祭31
2016年05月04日 御柱祭32

一の柱が境内に入るのを見届けた後、駐車場に戻りましたが、道を間違えました。
諏訪ICより南側の駐車場に車を停めましたが、初め北側に向かいました。
少なくとも2kmは無駄に歩きました。
駐車場に辿り着くまで1時間程歩きました。

2016年05月04日 御柱祭33
2016年05月04日 御柱祭34

車に戻ったのは14:45でした。
大急ぎで、下社を秋宮、春宮の順に参拝しました。

2016年05月04日 御柱祭35
2016年05月04日 御柱祭36
2016年05月04日 御柱祭37
2016年05月04日 御柱祭38
2016年05月04日 御柱祭39

2016年05月04日 御柱祭40
2016年05月04日 御柱祭41
2016年05月04日 御柱祭42
2016年05月04日 御柱祭43
2016年05月04日 御柱祭44
2016年05月04日 御柱祭45
2016年05月04日 御柱祭46

秋宮と春宮は、諏訪湖北岸の下諏訪町の諏訪湖が見える高台にありました。
最後に参拝した春宮で、4社全てを参拝した記念に神饌としおりを頂きました。


下社の里曳きは10日後の14・15・16日に行われました。
下社の御柱は、春宮から国道142号線を少し北上したところにある「注連掛」という場所に置かれていました。

2016年05月04日 御柱祭47
2016年05月04日 御柱祭48
2016年05月04日 御柱祭49

里曳きを控えた下社の御柱を見てから16:30頃帰路に就きました。

2016年05月04日 御柱祭50
2016年05月04日 御柱祭51
2016年05月04日 御柱祭52

長野県から新潟県に移動し、高田平野に出た頃は日が暮れていましたが、延々と連なっていた周囲の山影が途切れて空が広くなると解放された気分になりました。

郷里の山形県鶴岡市に到着したのは23時過ぎでした。
旅行に出発してからの走行距離は1,844.7kmでした。


2016年05月04日 御柱祭53
2016年05月04日 御柱祭54
2016年05月04日 御柱祭55
2016年05月04日 御柱祭56


2016年05月04日 御柱祭57
2016年05月04日 御柱祭58
2016年05月04日 御柱祭59
2016年05月04日 御柱祭60








スポンサーサイト
  1. 2018/03/28(水) 20:00:00|
  2. 一宮
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2016年05月03日 愛知県一宮市真清田 真清田神社 

主祭神 天火明命
式内社(名神大)
尾張国一宮
旧国幣中社
別表神社


GWの旅行中でした。

この日は愛知県名古屋市の熱田神宮と一宮市の真清田神社を参拝しました。

三種の神器の一つ・草薙剣をお祀りする熱田神宮が尾張国の一宮だと思っていましたが、違いました。
真清田神社が一宮でした。

昔、名古屋の近郊にしばらく住んでいたことがあります。
当時は神社にまったく興味がありませんでした。
熱田神宮は知っていましたが、真清田神社のことは知りませんでした。
一宮市という地名は知っていましたが、一宮の意味は知りませんでした。

2016年05月03日 真清田神社1
2016年05月03日 真清田神社2

真清田神社に到着したのは13時頃でした。
前日参宮した伊勢神宮やこの日の朝の熱田神宮に比べて境内の賑わいはささやかでしたが、社殿は風格がありました。

社殿は、戦時中に空襲で焼失し、戦後再建されました。
建築様式は尾張造だそうです。
尾張造は、本殿(後)、祭文殿(中)、拝殿(前)を回廊で繋いだ左右対称の建築様式で、尾張地方独特の建築様式だそうです。

2016年05月03日 真清田神社3
2016年05月03日 真清田神社4
2016年05月03日 真清田神社5

結婚式を挙げているカップルがいて、記念写真を撮っていました。

2016年05月03日 真清田神社6


2016年05月03日 真清田神社7








  1. 2018/02/21(水) 20:00:00|
  2. 一宮
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2015年11月16日 千葉県長生郡一宮町一宮 玉前神社

主祭神 玉依姫命
式内社(名神大社)
上総国一宮
旧国幣中社
別表神社

千葉県に2泊3日の小旅行に出掛けました。
この旅行で、茨城県と千葉県の3つの一宮を参拝しました。
何れの神社も2度目の参拝でしたが、最初の参拝では御朱印を頂いていませんでした。
今回は、御朱印を頂いて廻りました。

旅行3日目は、千葉県一宮町に鎮座する上総国一宮の玉前神社を参拝しました。

2015年11月16日 玉前神社1
2015年11月16日 玉前神社2
2015年11月16日 玉前神社3
2015年11月16日 玉前神社4
2015年11月16日 玉前神社5
2015年11月16日 玉前神社6
2015年11月16日 玉前神社7
2015年11月16日 玉前神社8

一宮の割に境内はこじんまりしていますが、雰囲気が良い神社です。
この日は、1ヶ月ほど季節が逆戻りした様な暖かい日でした。
そのせいか、意外にたくさんの参拝客がいました。


御朱印を書いて頂いた神職の方は、まだ若い人でしたが、達筆でした。
一宮に相応しい趣がある墨書でした。

2015年11月16日 玉前神社9





  1. 2017/02/14(火) 05:00:00|
  2. 一宮
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2015年11月15日 千葉県香取市香取 香取神宮

主祭神 経津主大神
式内社(名神大社)
下総国一宮
旧官幣大社
勅祭社
別表神社

千葉県に2泊3日の小旅行に出掛けました。
この旅行で、茨城県と千葉県の3つの一宮を参拝しました。
何れの神社も2度目の参拝でしたが、最初の参拝では御朱印を頂いていませんでした。
今回は、御朱印を頂いて廻りました。

旅行2日目の朝は、千葉県香取市に鎮座する下総国一宮の香取神宮を参拝しました。
前日参拝した常陸国一宮の鹿島神宮と並んで、一宮の中でも格式の高い神社ですが、ひなびた雰囲気が漂う田園地帯に鎮座しています。

2015年11月15日 香取神宮01
2015年11月15日 香取神宮02
2015年11月15日 香取神宮03
2015年11月15日 香取神宮04

前回2013年5月5日に参拝した時は、到着した時間は17時半過ぎだったので、駆け足で境内を回りました。
それでも、境内の配置が何となく頭に入っていました。
この日は、広い境内をほとんど迷うことなく、本殿、要石、奧宮の順に参拝して廻りました。

前日の鹿島神宮同様、境内に菊が飾られていました。

2015年11月15日 香取神宮05

前回参拝した時、本殿は、屋根の檜皮の葺き替えなどの修理中で、周囲を工事用ネットで囲まれていましたが、今回は、その様な遮蔽物はなく、しっかりと社殿を見ることが出来ました。
漆塗りされた社殿は黒い光沢を放っていました。
翌日参拝した、上総国一宮の玉前神社の社殿も漆塗りでしたが、香取神宮の方が大きく、威厳がありました。

2015年11月15日 香取神宮06
2015年11月15日 香取神宮07
2015年11月15日 香取神宮08


2015年11月15日 香取神宮09
2015年11月15日 香取神宮10
2015年11月15日 香取神宮11
2015年11月15日 香取神宮12

前日の鹿島神宮と同じ様に、御朱印の文字を書くのに筆ペンが使われていましたが、字に趣がありました。

2015年11月15日 香取神宮13




  1. 2017/02/09(木) 05:30:00|
  2. 一宮
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2015年11月14日 茨城県鹿嶋市宮中 鹿島神宮

主祭神 武甕槌大神
式内社(名神大社)
常陸国一宮
旧官幣大社
勅祭社
別表神社

千葉県に2泊3日の小旅行に出掛けました。
この旅行で、茨城県と千葉県の3つの一宮を参拝しました。
何れの神社も2度目の参拝でしたが、最初の参拝では御朱印を頂いていませんでした。
今回は、御朱印を頂いて廻りました。

旅行初日は、茨城県鹿嶋市の常陸国一宮の鹿島神宮を参拝しました。
到着したのは、16時過ぎでした。
この日は、ほぼ1日中、雨に降られ続けましたが、参拝している間だけは雨が止みました。

2015年11月14日 鹿島01

2011年の大震災で、石で造られた大鳥居が倒壊し、前回2013年5月2日に参拝した時は、大鳥居はありませんでした。
境内の杉で造られた新しい大鳥居は、2014年に竣工しました。
この日は、その大鳥居を潜って参拝しました。

2015年11月14日 鹿島02

遅い時間で、あいにくの天気でしたが、七五三の11月15日の前日とあって、参拝客がちらほらといました。
鳥居と楼門の間の参道には、たくさんの菊が展示されていて、屋台も3つほど立っていました。

2015年11月14日 鹿島03

楼門は、寛永11年(1634)水戸藩初代藩主・徳川頼房公が奉納したもので、日本三大楼門の一つとされています。
遅い時間だったので、楼門はライトアップされて、暗くなりかけていた境内に浮かび上がっていました。

2015年11月14日 鹿島04

前回の参拝では、本殿は修復中でしたが、この日は、修復を終えた本殿を参拝しました。

2015年11月14日 鹿島05
2015年11月14日 鹿島06

大鳥居同様、2014年に竣工した祈祷殿で、御朱印を頂きました。
新しく、立派な祈祷殿でしたが、御朱印はおそらく筆ペンで書かれたらしく、力強さに欠けていたので、拍子抜けしました。

2015年11月14日 鹿島07
2015年11月14日 鹿島08
2015年11月14日 鹿島09




  1. 2017/02/08(水) 05:00:00|
  2. 一宮
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2015年10月25日 岩手県奥州市水沢区中上野町 駒形神社

主祭神 駒形大神(天照大御神・天常立尊・国狭立尊・吾勝尊・置瀬尊・彦火尊の6柱の総称)
神体 駒ヶ岳(神体山)
式内社(小)
旧国幣小社
別表神社

岩手県奥州市水沢区の中心部に鎮座する駒形神社を参拝しました。

江戸時代の国割りから現在の都道府県に移行するまでの間、存在した陸中国の一宮です。
古くからの一宮ではありませんが、平安時代の延喜式・神名帳に記載されていた式内社です。

2015年10月25日 駒形神社1
2015年10月25日 駒形神社2
2015年10月25日 駒形神社3
2015年10月25日 駒形神社4

こちらの神体山は、胆沢平野を見下ろす駒ヶ岳で、江戸時代までは山頂に本宮がありました。
現在、山頂にある奧宮と山麓にある里宮には、2015年8月2日に参拝しました。

駒形神社本宮が遷座してくるまで、境内に鎮座していた鹽竈神社は、境内別宮として祀られていました。

2015年10月25日 駒形神社5
2015年10月25日 駒形神社6
2015年10月25日 駒形神社7

思ったより境内はこじんまりしていましたが、七五三シーズンとあって、参拝者をポツポツ見掛けました。
この日は、冬型の気圧配置で、冷たい西風がビュービュー吹いていました。
東京では木枯らし1号が吹きました。

2015年10月25日 駒形神社8


2015年10月25日 駒形神社9




  1. 2017/01/18(水) 05:00:00|
  2. 一宮
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2015年09月05日 宮城県塩竈市一森山 志波彦神社・鹽竈神社

主祭神 塩土老翁神
式外社(鹽竈神社)
陸奥国一宮(鹽竈神社)
旧国幣中社
別表神社

宮城県塩竈市の一森山に鎮座する陸奥国一宮の鹽竈神社と同境内の志波彦神社を参拝しました。
前回こちらの2社を参拝したのは、2014年1月13日でした。
2015年09月05日 鹽竈神社01
012015年09月05日 鹽竈神社02
2015年09月05日 鹽竈神社03
2015年09月05日 鹽竈神社04
2015年09月05日 鹽竈神社05
2015年09月05日 鹽竈神社06
2015年09月05日 鹽竈神社07



志波彦神社の前からは塩釜港が見えました。
2015年09月05日 鹽竈神社09
2015年09月05日 鹽竈神社10
2015年09月05日 鹽竈神社11


普段の週末でしたが、思っていたより沢山の参拝客で境内は賑わっていました。
第1駐車場はほぼ満車でした。

¥500を納めて、2社の御朱印を頂きました。
「陸奥國一之宮」の墨書で、「國」の字の囲いが丸く書かれていたのが特徴的でした。

2015年09月05日 鹽竈神社08
2015年09月05日 鹽竈神社12






  1. 2016/10/26(水) 19:30:00|
  2. 一宮
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2015年08月12日 山形県飽海郡遊佐町大字吹浦字布倉 鳥海山大物忌神社・吹浦口の宮

主祭神 大物忌大神
神体 鳥海山(神体山)
式内社(名神大)
出羽国一宮
旧国幣中社
別表神社

山形と秋田にまたがる鳥海山の麓にある、出羽国一宮の鳥海山大物忌神社の吹浦口の宮を参拝しました。
こちらを参拝するのは2度目。
最初に参拝したのは、2012年8月20日でした。

2015年08月12日 鳥海山01
2015年08月12日 鳥海山02

社寺を参拝しても、御朱印を貰い受けていませんでしたが、しばらく前から御朱印が欲しくなりました。
最初の御朱印は、地元の一宮のものが良かったので、こちらの神社を参拝しました。

社務所にいた神職の方は、短髪の強面のオトウサンで、半袖シャツを着て、確か裾を肩までまくり上げていました。
要望に気圧されましたが、御朱印帳と御朱印を頂きたいと伝えると、すぐに御朱印帳を取り出し、社名と日付を墨書し、御朱印を押してくれました。
墨書してもらえるものとは知らなかったので、少し感動しました。
有難味が増しました。

2015年08月12日 鳥海山03

御朱印を拝受した後、石段を登り、口の宮本殿と摂社の月山神社本殿を参拝しました。
鳥海山の山頂御本社まで登るのとは比べられない程楽ですが、石段を登っただけでも少し疲れました。

2015年08月12日 鳥海山04
2015年08月12日 鳥海山05
2015年08月12日 鳥海山06

昔の鳥海山参りの行者は、口の宮本殿の背後から山を登って行ったそうです。

2015年08月12日 鳥海山07
2015年08月12日 鳥海山08
2015年08月12日 鳥海山09

2015年08月12日 鳥海山10

2015年08月12日 鳥海山11
2015年08月12日 鳥海山12






  1. 2016/09/08(木) 05:30:00|
  2. 一宮
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2015年08月02日 岩手県胆沢郡金ヶ崎町 駒形神社

主祭神 駒形大神 (天照大御神・天常立尊・国狭立尊・吾勝尊・置瀬尊・彦火尊の6柱の総称)
式内社(小)
陸中国一宮
旧国幣小社
別表神社

岩手県南部、胆沢平野の西に峰を連ねる焼石連峰の北端の駒ケ岳は、昔から信仰の山でした。

現在、奥州市水沢区にある駒形神社の本宮は、江戸時代までは駒ヶ岳の山頂にありました。
駒ケ岳は金ヶ崎町と北上市の境に位置していますが、江戸時代は、伊達藩と南部藩の境で、山頂の本宮は、両藩が20年目ごとに交互に建て替えを行ったそうです。
更に遡ると、平安時代の奥州藤原氏の崇敬も篤かったと伝えられています。


駒ケ岳に登りました。

2015年08月02日 駒ヶ岳06
2015年08月02日 駒形神社3
2015年08月02日 駒形神社2

現在、山頂に鎮座している奧宮には、3体の神馬像が安置されていました。

2015年08月02日 駒形神社4

また、「馬頭観音」の石碑がありました。
神仏習合の時代の本地仏は、馬頭観音だった様です。


山から下り、温泉で汗を流した後、麓にある中宮を参拝しました。
鄙びた処にあり、社殿も大きくありませんでしたが、中宮がある丘の入口には大鳥居と参道がありました。

2015年08月02日 駒形神社5
2015年08月02日 駒形神社6
2015年08月02日 駒形神社7
2015年08月02日 駒形神社8
2015年08月02日 駒形神社9




  1. 2016/08/26(金) 05:00:00|
  2. 一宮
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2015年05月04日 千葉県館山市洲崎 洲崎神社

主祭神 天比理乃咩命(安房神社祭神天太玉命の后神)
式内社(大社)論社
(伝)安房国一宮
旧県社


安房神社から更に足を延ばし江戸時代から安房国一宮を称しているこちらの神社を参拝しました。

2015年0504日 洲崎神社01
2015年0504日 洲崎神社02
2015年0504日 洲崎神社03

正式な一宮ではないらしいのですが、安房神社と同じく四国の阿波から移住してきた忌部氏と所縁があり、源頼朝とも縁のある古社でした。
江戸時代前期に建てられ、中期以降に改修された社殿は趣がありました。

2015年0504日 洲崎神社04
2015年0504日 洲崎神社06
2015年0504日 洲崎神社07
2015年0504日 洲崎神社08

安房神社より参拝客は少なかったのですが、海から近く、150段の石段を登ったところにある境内からの眺望は見事でした。

2015年0504日 洲崎神社09
2015年0504日 洲崎神社10
2015年0504日 洲崎神社11
2015年0504日 洲崎神社12

参拝を終え石段を下りる時に宮司の方とすれ違いました。
こちらの宮司の仕事は大変だと思いました。




  1. 2016/04/20(水) 07:00:00|
  2. 一宮
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

支那竹メンマ

Author:支那竹メンマ
ラーメンを食べるのと、海に浮かんでぼんやりするのが楽しみ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ラーメン (847)
ラーメン・宮城仙台市青葉区 (94)
ラーメン・宮城仙台市泉区 (158)
ラーメン・宮城仙台市宮城野区 (49)
ラーメン・宮城仙台市若林区 (16)
ラーメン・宮城仙台市太白区 (14)
ラーメン・宮城県北エリア (134)
ラーメン・宮城県南エリア (20)
ラーメン・山形 (68)
ラーメン・福島 (30)
ラーメン・岩手 (137)
ラーメン・秋田 (19)
ラーメン・青森 (3)
ラーメン・茨城 (33)
ラーメン・千葉 (41)
ラーメン・栃木 (5)
ラーメン・埼玉 (2)
ラーメン・東京 (4)
ラーメン・神奈川 (2)
ラーメン・山梨 (2)
ラーメン・長野 (2)
ラーメン・新潟 (1)
ラーメン・静岡 (1)
ラーメン・愛知 (2)
ラーメン・岐阜 (1)
ラーメン・三重 (1)
ラーメン・宮崎 (5)
ラーメン・海外 (3)
ラーメン以外の外食 (123)
麺類 (18)
牛丼屋 (6)
ファミレス (11)
居酒屋 (10)
旅館・ホテル (23)
その他 (37)
海外 (18)
内食 (53)
海 (299)
海・宮城 仙台新港~蒲生 (156)
海・宮城 菖蒲田 (55)
海・宮城 本吉 (24)
海・宮城 その他 (2)
海・福島 (9)
海・秋田 (1)
海・岩手 (1)
海・青森 (2)
海・茨城 (14)
海・千葉 (28)
海・神奈川 (2)
海・宮崎 (4)
海・海外 (1)
山 (8)
雪 (6)
社寺 (126)
伊勢神宮 (5)
一宮 (18)
勅祭社 (1)
出羽三山 (6)
奥州三十三観音霊場 (4)
庄内三十三観音札所 (3)
平和観音霊場 (1)
東北三十六不動尊霊場 (16)
四寺廻廊 (3)
仙台 十二支守り本尊 (13)
御稲荷様 (4)
神社・山形県 (9)
神社・宮城県 (18)
神社・岩手県 (5)
神社・青森県 (1)
神社・茨城県 (1)
神社・三重県 (2)
寺院・曹洞宗 (6)
寺院・真言宗 (1)
寺院・浄土宗 (1)
寺院・慈恩宗 (1)
寺院・天台宗 (2)
寺院・御堂 (5)
史跡等 (34)
古墳 (8)
史跡 (14)
博物館 (12)
ドライブ、旅行 (41)
日記 (148)
雑記 (31)
長寿温泉 (100)
寄席 (5)
ライブ (12)
未分類 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR