徒然らあめん備忘録

2016年03月05日 岩手県花巻市東和町土沢 萬鉄五郎記念美術館

岩手県花巻市東和町の「さかえや」というお店で昼食を食べました。

同じ地区にこちらの美術館があり、案内標識を目にしたので行ってみました。
鄙びたところだったので美術館があるのは意外でした。

町を見下ろす高台にありました。

2016年03月05日 美術館1
2016年03月05日 美術館2

萬鉄五郎は、地区出身の大正~昭和初期の画家で、当時の前衛絵画・フォーヴィズム(?)を導入した先駆者でした。

自分がいる間、自分以外の来館者はいませんでした。







スポンサーサイト
  1. 2017/07/13(木) 05:00:00|
  2. 博物館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2016年01月01日 山形県鶴岡市 荘内神社、善宝寺

午前は荘内神社、午後は善宝寺に初詣に出掛けました。
前年は、どちらの参詣も母親と一緒でしたが、2016年の初詣はどうだったか、はっきり覚えていません。
確か、荘内神社は母親と一緒で、善宝寺は1人だったと思います。
翌2017年は、午前も午後も1人でした。

時折、雪が降っていましたが、神社がある鶴岡公園の周りを沢山の人が走り初めをしていました。

2016 年01月01日 初詣01
2016 年01月01日 初詣02
2016 年01月01日 初詣03
2016 年01月01日 初詣04

午後の善宝寺も大勢の人で賑わっていました。
御寺の数100m手前の三叉路まで、駐車場の空きを待つ車の列が出来ていました。

2016 年01月01日 初詣05

14時からの祈祷を申し込みましたが、祈祷が始まったのは15時でした。

2016 年01月01日 初詣06
2016 年01月01日 初詣07
2016 年01月01日 初詣08

祈祷の途中で、御坊様が一斉に声をあげながら経本を開け閉めします。
その前に読んでいたお経は、おそらく般若心経でした。

祈祷後の方丈はんの挨拶で、御寺の6建造物が国指定の登録有形文化財になったと紹介していました。

2016 年01月01日 初詣09
2016 年01月01日 初詣10
2016 年01月01日 初詣11
2016 年01月01日 初詣12

夕食に、御寺からいただいたお弁当を食べました。

2016 年01月01日 初詣13
2016 年01月01日 初詣14










  1. 2017/04/11(火) 05:40:00|
  2. 神社・山形県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2015年12月20日 宮城県遠田郡美里町中埣字町 梅光山・神寺・松景院

東北三十六不動尊霊場 第27番。
真言宗智山派。
本尊 神寺不動尊。

東北三十六不動尊霊場の札所巡りをしています。
こちらは、札所巡りをするきっかけになった御寺で、この日が2回目の参拝でした。

2015年12月20日 神寺01

御寺は、宮城県美里町の県道19号線沿いにあります。
仙台方面に出掛ける時、御寺の側をよく通ります。
門前の「塑像 世界最大 不動尊」の看板が気になって、2015年4月12日に初めて参拝しました。

こちらは、東北三十六不動尊霊場の第27番札所でした。
以前、そうとは知らず、第1番札所の山形県寒河江市の慈恩寺を参拝しました。
縁を感じて、札所巡りを始めました。

札所巡りの途中から御朱印を集め始めました。
前回、こちらを参拝した時は御朱印を頂いていませんでした。
この日、改めて参拝し、御朱印を頂きました。

おそらく40才前後の御坊様に応対して頂きました。
御朱印を頂いた後、世界最大の不動尊塑像を間近で拝観させて頂きました。
その後、本堂に隣接する休憩所で、お茶を御馳走になりながら、不動尊霊場にまつわるお話を聞きました。

2015年12月20日 神寺04

昭和63年(1988)に東北三十六不動尊霊場が定められました。
当時、日本各地で不動尊霊場が出来ていたそうです。
こちらの先代と、霊場結願寺の福島県いわき市・常福寺の住職が、東北の霊場を発案したそうです。
大小に関わらず、不動尊信仰が確かな御寺を札所に定めたそうです。
選定には、観光による各地の地域振興も考慮して、観光用大型バスが駐車できるかどうかも基準にしたということですが、参拝した札所には、周辺の道路が狭くて、普通車でも辿り着くのに苦労する処もありました。
交通アクセスの基準はあまり重要視されなかったようです。

札所数の三十六は、不動尊に仕える童子の人数だと、初めて知りました。
それまで、東北6県に6箇所ずつ札所があるから三十六なのだと思っていました。

自分がいる間に、3人の親子連れが自動車の無事故祈願に訪れました。

年末年始を迎える注連縄の準備がされていました。

2015年12月20日 神寺07
2015年12月20日 神寺05
2015年12月20日 神寺06
2015年12月20日 神寺08


2015年12月20日 神寺10
2015年12月20日 神寺09





  1. 2017/03/30(木) 18:30:00|
  2. 東北三十六不動尊霊場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2015年12月13日 山形県山形市青野 上埜山・大樹院

東北三十六不動尊霊場 第4番。
天台宗。
本尊 不動明王。

東北三十六不動尊霊場の札所巡りをしています。

所用があり、山形県天童市に泊りがけで出掛けました。
その機会を利用して、前日は天童市、この日は山形市の札所を参拝しました。

この日、参拝したこちらの御寺は、山形市中心部の東側、山形自動車道のトンネルが中を貫く大岡山の南西麓にあります。

御寺に辿り着くのに苦労しました。
周囲の道路は、狭く、入り組んでいて、道に迷いました。
途中、とんでもなく狭い私道に迷い込み、冷や冷やしました。

何とか辿り着いた御寺の境内には、不動明王・眷属の三十六童子の像が立ち並んでいました。
20代か30代の若い御坊様に応対して頂きました。
いろいろと興味深い話を伺いました。

2015年12月12日 大樹院3
2015年12月12日 大樹院4
2015年12月12日 大樹院5
2015年12月12日 大樹院6

こちらの御寺は、昔は出羽三山の羽黒山荒澤寺の末寺だったそうですが、明治の廃仏毀釈の混乱で縁が切れて、そのことは忘れられていたそうです。
古札や古文書を辿り、荒澤寺との関係が分かったのは、8年ほど前のことだったそうです。

羽黒山荒澤寺は、東北不動尊霊場の第6番札所です。
荒澤寺の方は、昭和62年の霊場の開創当初から、こちらの御寺との関係を分かっていたそうですが、こちらの大樹院は、そうとは知らないまま、かつての本寺と霊場札所に連なっていたということです。

本堂の中央には本尊・不動明王、向かって左手に役行者、右手には蜂子皇子像が安置されていました。
蜂子皇子は、西暦592年に蘇我馬子によって暗殺された崇峻天皇の第3皇子で、出羽三山を開いたと伝えられています。
羽黒山との関係が明らかになるまで、蜂子皇子の像の正体が分からなかったそうです。


前日は好天に恵まれましたが、この日は曇天でした。
市街地を一望する山の上の御寺ですが、遠くの方はよく見えませんでした。

2015年12月12日 大樹院1
2015年12月12日 大樹院2


2015年12月12日 大樹院7
2015年12月12日 大樹院8

  1. 2017/03/18(土) 03:15:00|
  2. 東北三十六不動尊霊場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2015年12月12日 山形県天童市大字山元 鈴立山・若松寺

最上三十三観音霊場 第1番。
天台宗。
本尊 聖観音。

東北三十六不動尊霊場の札所巡りをしています。
この日は、山形県天童市にある第3番札所・光明院を参拝しました。
光明院の近くにこちらの御寺がありました。
光明院の後にこちらの御寺を参拝しました。

2015年12月12日 若松寺1
2015年12月12日 若松寺2
2015年12月12日 若松寺3
2015年12月12日 若松寺4
2015年12月12日 若松寺5

御寺の近所に、「最上三十三観音霊場の第一番札所」と書かれた幟が立っていました。
こちらは、縁結びの観音様として有名で、確か、河北町の御蕎麦屋さんで手にした山形県のタウン誌に紹介されていました。

縁結びのスポットとあって、若い人、特に女性の参拝客が多くいました。
奈良時代の高僧・行基菩薩が開山したと伝えられる古刹ですが、華やいだ雰囲気がありました。

直前に参拝した光明院同様、境内から、眼下に広がる山形盆地を見晴らすことが出来ました。

2015年12月12日 若松寺6
2015年12月12日 若松寺7

2015年12月12日 若松寺8




  1. 2017/03/16(木) 20:00:00|
  2. 寺院・天台宗
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2015年12月12日 山形県天童市大字山口 高瀧山光明院

東北三十六不動尊霊場 第3番。
天台法流。
本尊 不動明王。

東北三十六不動尊霊場の札所巡りをしています。

所用があり、山形県天童市に泊りがけで出掛けました。
その機会を利用して、市内の天童高原にあるこちらの札所を参拝しました。

2015年12月12日 札所1
2015年12月12日 札所2

朝、御寺に電話して、13時から15時の間に伺う旨を伝えました。
13時頃、住宅と棟続きの小さな御堂に到着しました。入口にあった鐘を鳴らしましたが、誰も出てきませんでした。

2015年12月12日 札所3

御寺の近所に鳥居がありました。
参道の標識があったので、そこから山の上に続く道を登りました。

2015年12月12日 札所4
2015年12月12日 札所5
2015年12月12日 札所6

途中に採石場があり、そこから先は通行止めでした。
車を降りて、歩きました。

天気が良く、師走にしては暖かい日でしたが、沢沿いの参道は、木々に陽射しが遮られて薄暗く、ひんやりしていました。
しばらく前に降った雪は、平地ではすっかり融けていましたが、山中の道沿いの雪は融け残っていました。

2015年12月12日 札所7
2015年12月12日 札所8

参道は、細いながらも、途中まで舗装されていました。
舗装が途切れ、砂利道に変わったところで引き返しました。

14時頃、御寺に戻りました。
御堂の鐘を鳴らしても、やはり誰も出てきませんでした。
そこで、棟続きの住宅の呼び鈴を鳴らしました。
すぐに住職の方が出てきました。

御朱印を頂いた後、御寺にまつわる興味深い話をいろいろと伺いました。

こちらは、昔、修験の御寺だったそうです。
元の本堂は、自分が途中まで行った参道の先にあり、車でも行けたそうです。
ただし、その場所に現在あるのは、御堂ではなく、御稲荷さんということでした。

西の方に、月山と葉山が見えました。
往時、御寺がある地域と葉山は、修験が盛んな所でした。
葉山の手前に見える河北町にこちらの講があったそうです。
現在でも、年間500人程の参拝者がいて、その内、350人は県外から来ているそうです。

2015年12月12日 札所9

江戸時代には2つの里坊があり、一つは天領、他方が寺領でした。
こちらの御寺は天領の里坊で天台宗、寺領の里坊は真言宗だったそうです。

明治の廃仏毀釈では、山形県でこちらが最初に廃寺になったそうです。
廃寺から、どの様な経緯で御寺が再開されたのかは聞きませんでした。
現在は、代々の当主が、定年退職後に御寺を守っているそうです。
話を伺った当代の方は市職員、先代は県職員だったそうです。
話をしていて、まったく抹香臭さが感じられなかったのも当然でした。

いったん廃寺になりましたが、仏像や仏画は残っていて、山の上にあった本堂や奥ノ院、寺領だったもう一つの里坊の物もまとめて保管していました。
天台宗の御寺ですが、真言宗開祖の弘法大師像もありました。

不動明王像が3体ありました。
1体は、明治に福島・会津若松の愛宕町にあった御寺のもので、1体は、戦時中、確か神奈川から疎開し、そのまま預かっているものだそうです。

日光の輪王寺と善光寺に、こちらの親戚の御坊様がいるそうです。
同じく、東北三十六不動尊霊場の札所で、翌日参拝した山形市の「大樹院」とも縁があるそうでした。

格式の高い御寺でした。

2015年12月12日 札所91
2015年12月12日 札所92




  1. 2017/03/15(水) 20:45:00|
  2. 東北三十六不動尊霊場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2015年11月29日 岩手県盛岡市八幡町 盛岡八幡宮

主祭神 誉田別命(応神天皇、八幡神)
旧県社
別表神社

この日、用事があって盛岡に出掛けましたが、その用事を済ますことは出来ませんでした。
代りに、盛岡城址と盛岡八幡宮を見て廻りました。

盛岡八幡宮は、康平5年(1062)、源頼義・義家父子が奥州平定の為に必勝武運を祈願して、石清水八幡宮を現在の盛岡城址公園に勧請したのに始まると伝えられる盛岡の総鎮守です。

手袋を着けずに長時間外を歩くと、手がかじかむ程、寒い日でした。
八幡宮に隣接する岩手護国神社の境内は、静かで落ち着いていましたが、

2015年11月29日 八幡宮01
2015年11月29日 八幡宮02
2015年11月29日 八幡宮03
2015年11月29日 八幡宮04
2015年11月29日 八幡宮05

八幡宮は大勢の参拝客で賑わっていました。
七五三の親子連れが多く、結婚式も行われていました。

2015年11月29日 八幡宮06
2015年11月29日 八幡宮07
2015年11月29日 八幡宮08
2015年11月29日 八幡宮09
2015年11月29日 八幡宮10


2015年11月29日 八幡宮11






  1. 2017/02/28(火) 04:30:00|
  2. 神社・岩手県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2015年11月29日 岩手県盛岡市内丸 櫻山神社

主祭神 南部光行、南部信直、南部利直、南部利敬

この日、用事があって盛岡に出掛けましたが、その用事を済ますことは出来ませんでした。
代りに、盛岡城址と盛岡八幡宮を見て廻りました。

先ず、盛岡城址に鎮座する櫻山神社を参拝しました。
仙台の青葉神社、山形県鶴岡の荘内神社の様に、城下町の歴代藩主をお祭りする神社です。
ただし、青葉神社と荘内神社の創祀が明治時代なのに対して、こちらは江戸時代中期・寛延2年(1749)の創祀です。

2015年11月29日 櫻山神社01
2015年11月29日 櫻山神社02
2015年11月29日 櫻山神社03
2015年11月29日 櫻山神社04
2015年11月29日 櫻山神社05
2015年11月29日 櫻山神社06
2015年11月29日 櫻山神社07
2015年11月29日 櫻山神社08

神社を参拝した後、城址を散策しました。
建物は残っていませんが、石垣が残っていました。
会津の鶴ヶ城程ではありませんが、大きな城でした。

2015年11月29日 櫻山神社09
2015年11月29日 櫻山神社10
2015年11月29日 櫻山神社11
2015年11月29日 櫻山神社12
2015年11月29日 櫻山神社13

いったん城址を離れて八幡宮を参拝した後、城址に戻り、城址公園内の「もりおか歴史文化館」に入りました。
ほとんどの展示物は、南部藩の歴史に関するものでした。
岩手県の南部では、奥州藤原氏を中心に郷土の歴史が語られているのと対照的でした。

2015年11月29日 櫻山神社14
2015年11月29日 櫻山神社15
2015年11月29日 櫻山神社16
2015年11月29日 櫻山神社17
2015年11月29日 櫻山神社18
2015年11月29日 櫻山神社19
2015年11月29日 櫻山神社20

現在の山梨県にいた南部家初代が、源頼朝の奥州征伐に従軍し、その時の軍功で、現在の岩手県北部から青森県東部にまたがる糠部五郡を拝領したそうです。

南部藩初代は奥州藤原氏の敵役なので、県北と県南で歴史の視点が違うのも納得しました。

2015年11月29日 櫻山神社21




  1. 2017/02/26(日) 05:00:00|
  2. 神社・岩手県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2015年11月16日 千葉県長生郡一宮町一宮 玉前神社

主祭神 玉依姫命
式内社(名神大社)
上総国一宮
旧国幣中社
別表神社

千葉県に2泊3日の小旅行に出掛けました。
この旅行で、茨城県と千葉県の3つの一宮を参拝しました。
何れの神社も2度目の参拝でしたが、最初の参拝では御朱印を頂いていませんでした。
今回は、御朱印を頂いて廻りました。

旅行3日目は、千葉県一宮町に鎮座する上総国一宮の玉前神社を参拝しました。

2015年11月16日 玉前神社1
2015年11月16日 玉前神社2
2015年11月16日 玉前神社3
2015年11月16日 玉前神社4
2015年11月16日 玉前神社5
2015年11月16日 玉前神社6
2015年11月16日 玉前神社7
2015年11月16日 玉前神社8

一宮の割に境内はこじんまりしていますが、雰囲気が良い神社です。
この日は、1ヶ月ほど季節が逆戻りした様な暖かい日でした。
そのせいか、意外にたくさんの参拝客がいました。


御朱印を書いて頂いた神職の方は、まだ若い人でしたが、達筆でした。
一宮に相応しい趣がある墨書でした。

2015年11月16日 玉前神社9





  1. 2017/02/14(火) 05:00:00|
  2. 一宮
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2015年11月15日 千葉県香取市香取 香取神宮

主祭神 経津主大神
式内社(名神大社)
下総国一宮
旧官幣大社
勅祭社
別表神社

千葉県に2泊3日の小旅行に出掛けました。
この旅行で、茨城県と千葉県の3つの一宮を参拝しました。
何れの神社も2度目の参拝でしたが、最初の参拝では御朱印を頂いていませんでした。
今回は、御朱印を頂いて廻りました。

旅行2日目の朝は、千葉県香取市に鎮座する下総国一宮の香取神宮を参拝しました。
前日参拝した常陸国一宮の鹿島神宮と並んで、一宮の中でも格式の高い神社ですが、ひなびた雰囲気が漂う田園地帯に鎮座しています。

2015年11月15日 香取神宮01
2015年11月15日 香取神宮02
2015年11月15日 香取神宮03
2015年11月15日 香取神宮04

前回2013年5月5日に参拝した時は、到着した時間は17時半過ぎだったので、駆け足で境内を回りました。
それでも、境内の配置が何となく頭に入っていました。
この日は、広い境内をほとんど迷うことなく、本殿、要石、奧宮の順に参拝して廻りました。

前日の鹿島神宮同様、境内に菊が飾られていました。

2015年11月15日 香取神宮05

前回参拝した時、本殿は、屋根の檜皮の葺き替えなどの修理中で、周囲を工事用ネットで囲まれていましたが、今回は、その様な遮蔽物はなく、しっかりと社殿を見ることが出来ました。
漆塗りされた社殿は黒い光沢を放っていました。
翌日参拝した、上総国一宮の玉前神社の社殿も漆塗りでしたが、香取神宮の方が大きく、威厳がありました。

2015年11月15日 香取神宮06
2015年11月15日 香取神宮07
2015年11月15日 香取神宮08


2015年11月15日 香取神宮09
2015年11月15日 香取神宮10
2015年11月15日 香取神宮11
2015年11月15日 香取神宮12

前日の鹿島神宮と同じ様に、御朱印の文字を書くのに筆ペンが使われていましたが、字に趣がありました。

2015年11月15日 香取神宮13




  1. 2017/02/09(木) 05:30:00|
  2. 一宮
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

支那竹メンマ

Author:支那竹メンマ
ラーメンを食べるのと、海に浮かんでぼんやりするのが楽しみ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ラーメン (808)
ラーメン・宮城仙台市青葉区 (94)
ラーメン・宮城仙台市泉区 (158)
ラーメン・宮城仙台市宮城野区 (49)
ラーメン・宮城仙台市若林区 (16)
ラーメン・宮城仙台市太白区 (14)
ラーメン・宮城県北エリア (124)
ラーメン・宮城県南エリア (20)
ラーメン・山形 (67)
ラーメン・福島 (30)
ラーメン・岩手 (120)
ラーメン・秋田 (17)
ラーメン・青森 (3)
ラーメン・茨城 (33)
ラーメン・千葉 (40)
ラーメン・栃木 (5)
ラーメン・埼玉 (2)
ラーメン・東京 (4)
ラーメン・神奈川 (2)
ラーメン・山梨 (2)
ラーメン・宮崎 (5)
ラーメン・海外 (3)
ラーメン以外の外食 (112)
麺類 (16)
牛丼屋 (6)
ファミレス (11)
居酒屋 (10)
旅館・ホテル (17)
その他 (34)
海外 (18)
自炊 (52)
海 (288)
海・宮城 仙台新港~蒲生 (148)
海・宮城 菖蒲田 (55)
海・宮城 本吉 (24)
海・宮城 その他 (2)
海・福島 (9)
海・秋田 (1)
海・岩手 (1)
海・青森 (2)
海・茨城 (14)
海・千葉 (25)
海・神奈川 (2)
海・宮崎 (4)
海・海外 (1)
山 (8)
雪 (6)
寺社、史跡等 (145)
一宮 (16)
出羽三山 (6)
奥州三十三観音霊場 (4)
庄内三十三観音札所 (3)
平和観音霊場 (1)
東北三十六不動尊霊場 (16)
四寺廻廊 (3)
仙台 十二支守り本尊 (13)
御稲荷様 (4)
神社・山形県 (9)
神社・宮城県 (17)
神社・岩手県 (5)
神社・青森県 (1)
神社・茨城県 (1)
寺院・曹洞宗 (6)
寺院・真言宗 (1)
寺院・浄土宗 (1)
寺院・慈恩宗 (1)
寺院・天台宗 (2)
寺院・御堂 (5)
古墳 (7)
史跡 (12)
博物館 (11)
ドライブ、旅行 (40)
日記 (142)
雑記 (30)
長寿温泉 (95)
寄席 (5)
ライブ (12)
未分類 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR