徒然らあめん備忘録

2015年05月06日 福島県相馬市馬場野字岩穴前 井戸端よしお

2015年69杯目。

2015年GW旅行の最終日は、福島県相馬市のこちらのお店で昼食を食べました。
宮城県仙台市のJR仙台駅東口の人気店「くろく」がプロデュースしたお店という予備知識を頭に入れて訪問しました。

国道6号線の西側を並行に走る県道121号線沿いにありました。
周囲に森や田んぼがある鄙びた場所でしたが、12時少し前に到着したお店の前にはたくさんの車が停まっていました。

2015年05月06日 井戸端
2015年05月06日 井戸端1
2015年05月06日 井戸端2

窓が小さく蔵の様な外見のお店に入るとすぐに座れましたが、注文をしてラーメンを待つ間に満席になりました。
吹き抜けの店内はスタイリッシュで、水差しやコップもしゃれていました。

2015年05月06日 井戸端3
2015年05月06日 井戸端4

「くろく」はマニア向け過ぎる印象があり、期待と不安が半々でしたが、「絶品味付玉子」(¥100)をトッピングして食べた「肉入り中華そば・大盛」(¥920)は絶品でした。

2015年05月06日 井戸端5
2015年05月06日 井戸端6

煮干しの風味が強く香るアッサリした醤油スープは、甘味があり口当たりがまろやかでした。
昨今流行りの「淡麗系」は切れの鋭い飲み口のラーメンが多いのですが、こちらの飲み口は柔らかでした。
オーソドックスな中華そばとも違いますが、何だか懐かしい感じがしました。
確か、以前読んだラーメンガイドに「くろく」では米粉を使っていると紹介されていました。
こちらの中華そばの懐かしさの正体は米粉かもしれません。

軽くウエーブしたツヤのある細麺はもっそりとした食感でスープとよく絡みました。
トロ柔らかいバラ肉のチャーシューは味がよく染みていて美味でした。

好みで加える様にとニラキムチが出てきましたが、醤油味の中華そばには合いませんでした。
醤油味の他に「みそ中華そば」がありました。
「みそ」にはニラキムチが合うかもしれません。

2015年05月06日 井戸端7

こちらの印象が良かったこともあって、後日「くろく」を再訪しました。


井戸端よしお

昼総合点★★★★ 4.0



関連ランキング:ラーメン | 日立木駅相馬駅






スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

  1. 2016/04/25(月) 04:30:00|
  2. ラーメン・福島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2015年05月05日 福島県相馬市中村 八香

2015年68杯目。

2015年GW旅行5日目でした。
JR常磐線・相馬駅の近くのホテルに宿泊したので、夕食は駅前のこちらのお店で食べました。

2015年05月05日 八香1

入って左手に厨房とカウンター席、右手に小上がりがありました。
19時頃の入店で先客が数名いました。

2015年05月05日 八香2
2015年05月05日 八香3

「生ビール」(¥550)を飲んで長距離ドライブの疲れを癒した後、「らーめん」(¥550)と「半チャーハン」(¥350)を食べました。
ラーメンには「あっさり」と「こってり」があり、どちらがおすすめか尋ねると「こってり」でした。

2015年05月05日 八香4
2015年05月05日 八香5

表面に油膜が張った薄茶色のスープは、色合いが昼に茨城県日立で食べた家系ラーメンに似ていました。
軽くコッテリしていて悪くはありませんが、昼の家系に比べると随分あっさりしていました。

麺は軽くウエーブしたツヤのある細麺で、チャーシューはロースでした。


八香 駅前店

夜総合点★★★☆☆ 3.3



関連ランキング:定食・食堂 | 相馬駅





テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

  1. 2016/04/23(土) 17:00:00|
  2. ラーメン・福島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2015年05月05日 福島県双葉郡広野町大字上北迫字岩沢 白圡家

こちらで食べたのは2011年3月6日のことでした。

仙台に住んでいた頃、震災が起こるまでは福島県の浜通り地方に時々遊びに出掛けていました。
南相馬市に行くことがほとんどでしたが、更に南下することもありました。
この日は広野町まで足を延ばしました。
途中、福島第1原発がある大熊町を通りました。

こちらのお店は、2010年2月に幹書房から出版された「ラーメンマップ 宮城・山形・福島」という本に、白河市の名店「とら食堂」の流れを汲むお店として紹介されていました。

2011年03月06日 白土1

「チャーシュー麺」(¥800、大盛¥150)に「半熟煮玉子」(¥100)をトッピングして食べました。

アッサリした醤油スープは、白河ラーメンにしては醤油の色が薄く、軽い飲み口でした。
青竹で打ち手もみを加えた平打ち太麺は、太さが不揃いで細かく縮れていました。
薄くヒラヒラした巾広の麺はスープによく絡みました。
細かく縮れた食感は、何となく山形県の米沢ラーメンに似ていました。

大判の薄切りチャーシューが数枚のっていました。
チャーシューはバラ肉とモモ肉の2種類があり、バラ肉を注文しましたが、のっていたのは歯応えがしっかりしたモモ肉チャーシューでした。

2011年03月06日 白土2

おいしい白河ラーメンでした。

風は強めでしたが、陽射しは暖かく春めいて気持ちが良い日でした。



こちらで食べた5日後に震災が発生しました。

お店のすぐ近くにJヴィレッジがありました。
原発関連の報道でJヴィレッジの名を耳にする度、この日のことを思い出しました。
震災で、食べたことがあるお店がいくつも閉店しました。
こちらも閉店していると思っていました。



浜通り地方を南北に貫く国道6号線は、原発周辺の区間が通行止めになっていましたが、2014年9月に全区間の通行が再開しました。

2015年5月5日。
茨城県水戸市から福島県相馬市まで国道6号線を北上しました。

郡山市の市街地までは他所と変わらない賑わいがありましたが、市街地を抜けると車が減りました。
途中立ち寄ったコンビニは24時間営業ではありませんでした。

2015年05月05日 白土1
2015年05月05日 白土2

こちらのお店がある交差点まで来ました。
営業していたので驚きました。
ただし15時に近い時間だったので昼の営業は終わっていました。
お店の中で白い調理着を着た御主人が、お辞儀をしながら両手を前で交差させて、営業が終わったことを告げていました。

それでも駐車場に車を停め、車から降りてお店と周囲の写真を撮りました。
御主人が怪訝そうな表情でこちらを見ていました。

2015年05月05日 白土3
2015年05月05日 白土4

お店を後にしてしばらく走ったところで、またコンビニに立ち寄りました。
近くのJR常磐線を電車が走っていました。
少し離れた水田ではトラクタが代掻きをしていました。

2015年05月05日 白土5
2015年05月05日 白土6
2015年05月05日 白土7

他所と変わらない日常の営みが感じられましたが、更に北上して帰還困難区域に差し掛かると雰囲気がまったく変わりました。

2015年05月05日 白土8

路上の車は更に少なくなり、頻繁にパトカーとすれ違いました。
国道からそれない様に脇道の入口にバリケードが設けられ、警官と警備員の人たちが立っていました。

ほとんどの信号は黄色で点滅していました。
交差点で停まることなく相当の距離を走りました。

信号や街灯などの灯りが全て消えて、ヘッドライトだけを頼りに車を走らせた大地震の夜を思い出しました。

赤の信号で停まりました。
強張っていた肩の力が抜けました。


手打ち中華そば 白土家

昼総合点★★★★ 4.5



関連ランキング:ラーメン | 木戸駅広野駅





テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

  1. 2016/04/23(土) 07:00:00|
  2. ラーメン・福島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2014年12月21日 福島県会津若松市河東町倉橋字鏡山 古川農園

2014年193杯目。

ひたすらラーメンを食べる2日間の小旅行をしました。

2014年12月21日 古川農園1 
2014年12月21日 古川農園2

旅行2日目の3杯目、旅行最後のラーメンは、会津若松市の国道49号線沿いにあるこちらのお店で食べました。
郊外の高台にあるお店の裏手からは、遠く離れた市の中心部まで見渡せました。

入口に「ラーメン」の暖簾が掛かっているものの、古びた建物に掛かっている看板に大きく書かれているのは「やさい、くだもの」の文字で、一見、ラーメン屋さんには見えません。
それでも、12時20分頃に到着した時、店内は満席で、10人程が席が空くのを待っていました。

2014年12月21日 古川農園3

「肉そば」(¥850、手打¥100、大盛¥100)を食べました。

頭にタオルを被ったエプロン姿のお母さんたちが切り盛りするアットホームな雰囲気が漂うお店でしたが、手打ち麺がごつくて驚きました。
よく縮れた平打ち極太麺は、太さが激しく不揃いで、太いところはまるで団子を食べている様でした。
喜多方でも手打ち麺のお店は多くありますが、これまで食べた喜多方の手打ち麺とは違っていました。
白河の手打ち麺に通じるところがありますが、白河より遙かにゴツイ太麺でした。

醤油の色が薄いスープは、あっさりしていておいしかったのですが、少し前に食べた「三角屋」の煮干しの風味が口に残っていて、微妙なところはよく分かりませんでした。
表面を覆った豚バラ肉のチャーシューは柔らかく、味がしっかり付いていて美味でした。

2014年12月21日 古川農園4

こちらで食べた後、隣の磐梯町で一休みをしてから帰路に着きました。

帰宅したのは18時半頃で、2日間の走行距離は865.1kmでした。


古川農園

昼総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:ラーメン | 広田駅会津若松駅堂島駅





テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

  1. 2015/12/02(水) 05:15:00|
  2. ラーメン・福島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2014年12月21日 福島県会津若松市本町 三角屋

2014年192杯目。

ひたすらラーメンを食べる2日間の小旅行をしました。

2014年12月21日 三角屋1
2014年12月21日 三角屋2

旅行2日目の2杯目は、会津若松市の中心部にあるこちらのお店で食べました。

大正初期に開店した創業100年を超える老舗です。
前日行った、元祖喜多方ラーメンの「源来軒」の創業が大正後期なので、喜多方ラーメンより歴史が古いお店です。

店内には、1987年に新聞で紹介された時の記事の切り抜きがありました。
その記事によれば、井戸掘り職人として全国を廻っていた初代が大正初期に創業。
開店当初は、4つ足(豚)を使った食べ物は抵抗があって、すんなりと受け入れてもらえなかったそうです。
戦時中も外食券指定食堂として営業していたそうです。

2014年12月21日 三角屋3

11時半過ぎに、街中にある年季の入ったお店に入ると、数組の先客がいました。
3人程の年配のお父さんたちがお店を切り盛りしていました。

2014年12月21日 三角屋4

「中華そば」(¥600)を食べました。

「ラーメンWalker福島2015」によれば、煮干しと豚肉を使い、チャーシューの煮ダレを醤油ダレにしているというスープは、煮干しの風味が物凄く強くて驚きました。
煮干しの旨味のエグミも混然一体といった感じで、食べている間だけではなく、食後もしばらく煮干しの風味が口から消えませんでした。
故郷の山形県の日本海側の庄内地方も、中華そばにふんだんに煮干しを使っていますが、ここまで風味が強い中華そばはなかなかお目に掛かりません。

縮れた手打ちの平打ち太麺は、喜多方ラーメン同様、加水率が高く、ツルツルもっちりしていました。
チャーシューは、しっかりした歯応えのモモ肉のチャーシューがほとんどでしたが、細切れのチャーシューはロース肉の様な味わいでした。

2014年12月21日 三角屋5

前日食べた「源来軒」は、元祖らしくオーソドックスな喜多方ラーメンでしたが、創業当時と比べれば、味はかなり違っているだろうと思います。
ところが、こちらの中華そばは、創業当時からあまり変わっていないかもしれないと思わせる程クラシカルな味わいでした。


三角屋

昼総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:ラーメン | 西若松駅





テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

  1. 2015/12/02(水) 05:00:00|
  2. ラーメン・福島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2014年12月21日 福島県喜多方市松山町村松字石田 一平

2014年191杯目。

ひたすらラーメンを食べる2日間の小旅行をしました。

2014年12月21日 一平・店舗

旅行2日目の朝は、喜多方では珍しい、背脂チャチャ系の「じとじとラーメン」を看板メニューとするこちらのお店で朝ラーを食べました。
仙台市にある分店の「和一」では、2012年6月9日に一度食べましたが、喜多方の本店で食べるのは初めてでした。

「ラーメンWalker福島2015」には、朝7時の開店と同時に賑わう人気店と紹介されていました。
少し誇張しているかと思ったら、その通りでした。

小雪が舞う中、お店に到着したのは朝7時を少し過ぎたばかりでしたが、駐車場はほぼ満車で、店内の客席は半分以上が埋まっていました。
程なく満席になり、その後に入って来た人たちは、席が空くのを入口で待っていました。

2014年12月21日 一平・メニュー

看板メニューの「じとじとラーメン」(¥700)を食べました。

ベースのスープはあっさりしていましたが、表面が背脂と厚い油膜で覆われていて、ネットリと舌にまとわりつくコクと甘味がありました。
多加水のツヤのある平打ち太麺は、ツルツルもっちりしていて、コシもしっかりしていました。
柔らかいバラ肉のチャーシューは、しっかり味付けされていて美味でした。

喜多方ラーメンをベースにした背脂チャチャ系のラーメンは、一味違った味わいがありました。
前日食べた「源来軒」のオーソドックスな喜多方ラーメンと対照的なラーメンでした。
仙台の分店よりかなりおいしいと思いました。

2014年12月21日 一平

店内のテレビで、朝のニュース番組を放送していました。
東京駅100周年記念SUICAの発売中止騒ぎを紹介していました。
記念SUICA目当ての徹夜の行列が出来て、予想以上の人数にJRが慌てて発売を中止しました。
行列組の1人が駅員に詰め寄る映像が流れていました。

旅先の喜多方で朝からラーメンを食べている自分と、SUICAのために徹夜で行列する人たちとどちらが物好きだろうか、ぼんやり考えながらラーメンを啜りました。

2014年12月21日 ラーメン神社

蔵とラーメンの町らしく、蔵造りの建物の前に「喜多方ラーメン神社」の扁額を掲げた鳥居がありました。
その鳥居に手を合わせてから、喜多方を後にしました。


らーめん一平

昼総合点★★★★ 4.0



関連ランキング:ラーメン | 喜多方駅会津豊川駅




テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

  1. 2015/12/02(水) 04:00:00|
  2. ラーメン・福島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2014年12月20日 福島県喜多方市一本木上 源来軒

2014年190杯目。

ひたすらラーメンを食べる2日間の小旅行をしました。

福島県白河市で旅行初日の4杯目を食べた後、喜多方を目指して移動しました。

早く行っても、お腹が一杯でラーメンを食べられないので、移動には高速道路を使わないつもりでしたが、途中で道を間違えました。
カーナビの無いマニュアル車という20世紀仕様の車に乗っているので、道を間違えたことに気付いたのは、喜多方と反対方向の須賀川に向かってかなり走った後でした。

結局、須賀川から会津若松まで、東北自動車道と磐越自動車道を利用して移動しました。

2014年12月20日 スキー場

途中、猪苗代スキー場とアルツ磐梯のナイターの灯りが見えました。
昔、どちらのスキー場にも行ったことがあります。
少し懐かしくなりました。

2014年12月20日 ホテル

移動の途中に携帯で宿泊の予約を入れたホテルに到着したのは18時頃でした。
JR磐越西線・喜多方駅の近くにあるホテルに泊まりました。
旅行初日の移動距離は527kmでした。

2014年12月20日 ホテル・部屋

部屋に荷物を置いた後、〆のラーメンを食べるために外出しました。
食べたことが無いお店で食べたかったのですが、当てにしていた駅前のお店は閉まっていました。
営業しているかどうか分からないお店を探してウロウロする元気は残っていませんでした。
駅から程近いところにある「源来軒」でこの日の5杯目を食べました。

2014年12月20日 源来軒・店舗
2014年12月20日 源来軒・紹介
2014年12月20日 源来軒・紹介1

「源来軒」は、元祖・喜多方ラーメンのお店で、昔、数度食べたことがありました。
大正末期に中国大陸から渡って来たお店の初代・潘欽星氏が引いていた屋台のラーメン屋が喜多方ラーメンの始まりだそうです。

2014年12月20日 源来軒・ビール

まず、一日中運転した疲れを「ビール」(¥650)で癒しました。
久し振りに飲んだキリンのラガーは昔より苦味が少なく飲みやすくなったように感じました。

この日の〆に「ワンタン麺」(¥800、大盛¥200)を食べました。

普段、ラーメンを食べる時は大盛りですが、この日はここまで大盛りは控えてました。
最後ということで油断をして、いつも通り大盛りにしたのは間違いでした。
大きな丼にスープがなみなみ入っていて、見た瞬間スープを飲み切るのは諦めました。
こちらのラーメンの盛りが良いことをすっかり忘れていました。

味の方も忘れていました。
一口スープを啜って、結構甘味が強いのに驚きました。
べたついた嫌な甘味ではなく、まろやかで親しみやすい味付けでした。

青竹で打つという多加水の平打ちの太麺は、ツヤがあって縮れていて、ツルツルもっちりしていました。

ツルリとしたワンタンがたくさん入っていました。
普段だったら喜ぶところですが、5杯目のラーメンだったので食い切るのに苦労しました。
ワンタンの他にロース肉とバラ肉のチャーシューが1切れずつのっていました。

2014年12月20日 源来軒

「源来軒」は、「坂内食堂」、「まこと食堂」と共に喜多方ラーメンの御三家とも言われます。
「坂内食堂」と「まこと食堂」は、個性が強く、一般にイメージする喜多方ラーメンとは少し違っています。
対して、「源来軒」はオーソドックスなスタイルの喜多方ラーメンで、正に「元祖」です。

18時半過ぎにお店に入った時、先客が2組いて、後から3組のお客さんが入ってきました。
ほとんどが地元の常連の人たちの様で、ラーメンではなく定食を食べている人もいました。
出前もしている様でした。

喜多方ラーメンの元祖ですが、昔からある駅前の中華料理屋さんといった風情の肩肘張らないお店でした。


源来軒

夜総合点★★★☆☆ 3.8



関連ランキング:ラーメン | 喜多方駅




テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

  1. 2015/11/19(木) 06:00:00|
  2. ラーメン・福島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2014年12月20日 福島県白河市瀬戸原 すずき

2014年189杯目。

ひたすらラーメンを食べる2日間の小旅行をしました。

栃木県の塩原温泉郷で「スープ入り焼きそば」を食べた後、喜多方と並ぶ福島県のラーメン処の白河市に移動しました。

市の中心部から国道289号線をしばらく行ったところにある、こちらのお店で旅行初日の4杯目を食べました。

2014年12月20日 すずき・店舗
2014年12月20日 すずき・店内1
2014年12月20日 すずき・店内2

お店に到着したのは14時半過ぎでした。
お店の前で、お店の家の子供が雪遊びをしていました。
中途半端な時間だったので、客は自分1人でした。

2014年12月20日 すずき・メニュー

「手打チャーシューメン」(¥950)を食べました。

醤油の香りが立ったスープは、キレの良い飲み口で、味わいはスッキリしていましたが、表面に浮いた油で程よいコクがあり、おいしいスープでした。

太さが不揃いの縮れた平打ちの太麺は、ごわついた舌触りでした。

炭火を使って、蒸す様にして作るというモモ肉のチャーシューは割にしっかりとした歯応えでした。
チャーシューは柔らかい方が好みですが、こちらのチャーシューは風味が良く、スープによく合っていて美味でした。

2014年12月20日 すずき


手打中華 すずき

昼総合点★★★☆☆ 3.8



関連ランキング:ラーメン | 白河駅白坂駅新白河駅





テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

  1. 2015/11/19(木) 05:30:00|
  2. ラーメン・福島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2014年06月01日 福島県南相馬市原町区錦町 えぞ龍

2014年70杯目。

昔ハワイのホノルルで、札幌ラーメンの老舗「えぞ菊」のラーメンを食べたことがありました。
日本人を大勢見掛けるホノルルでも外国はやはり心細く、味はよく覚えていませんが、こちらのラーメンを食べてホッとしたのを覚えています。

2014年06月01日 えぞ龍・外観1
2014年06月01日 えぞ龍・外観2

福島県の南相馬市にあるこちらのお店は「えぞ菊」の系列店です。
前々々週に食べた「尚ちゃんラーメン」と前々週の「サッパロラーメンたき」と同様、大震災の前から行ってみたかった南相馬市のお店の一つでした。

「麺、もやし、メンマ、チャーシューすべて大盛り」の「ヤングらーめん(みそ)」(¥1,400)を食べました。

チャーシュー、メンマ、もやしが上にのり、丼の底にはしっかり炒めてクタクタになった玉ネギと挽肉が沈んでいました。

キッチリと作られたオーソドックスでおいしい味噌ラーメンでした。

「サッポロラーメン」の看板を掲げていますが、縮れた太麺はやや低加水気味だったので旭川ラーメンを連想しました。
赤味噌ベースのスープは、見た目も味付けも濃い目で、黒っぽい色をしたメンマも同様でした。
チャーシューはロース肉のチャーシューでした。

2014年06月01日 えぞ龍

ご夫婦揃って小柄な年配のお二人でお店を切り盛りしていました。
お店に入ると先客が2人いて自分の後から1組の家族連れが来店しました。
先客の内1人は長年の常連の様でご主人との会話が弾んでいました。

南相馬市ではこちら以外に「ゆーから」と「たき」で味噌ラーメンを食べました。
3店の中でこちらの味噌ラーメンが一番オーソドックスなタイプでした。


えぞ龍

昼総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:ラーメン | 原ノ町駅




テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

  1. 2015/02/18(水) 20:00:00|
  2. ラーメン・福島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2014年05月31日 福島県白河市双石滝ノ尻 とら食堂

2014年69杯目。

この日、日本百名山の一つの那須岳でハイキングをしました。
ハイキングを終えて仙台に戻る途中、白河ラーメンの名店「とら食堂」で食べました。

2014年05月31日 とら・店舗

「とら食堂」で食べるのは、この日が2回目で、初めてこちらで食べたのは2008年の3月でした。
目の前が田んぼという、シュールな位に田舎のロケーションがとても印象的でした。
6年経っても、周囲は相変わらずの田舎でしたが、16時半ごろお店に入るとそこそこのお客さんがいました。

2014年05月31日 とら・外観
2014年05月31日 とら・店内
2014年05月31日 とら・メニュー

「焼豚ワンタン麺」(¥1,070、大盛¥180)を食べました。

醤油スープは、飲み口がスッキリしていて味わいは端正でした。
手打ちで、太さが不揃いの縮れた平打ちの太麺はコシがしっかりしていながらスープとの絡みがよく、食べ始めの食感は少しシャビシャビしていました。

トッピングされていた2種類のチャーシューの内、バラ肉のチャーシューはトロリと柔らかく、別の部位のチャーシューはしっとりとした歯ごたえでした。
どちらも端正なスープの味を壊さない上品な味付けでした。
大振りのワンタンは餡が多く皮は厚めで食い応えがありました。

2014年05月31日 とら

一緒に山に登り、ラーメンを食べた人たちもこちらのお店を気に入ってくれました。

福島県の内外で「とら食堂」で修行した後に独立した人たちのお店に何軒か行ったことがありますが、まだ、修行元に匹敵するレベルの白河ラーメンを食べたことがありません。


とら食堂

昼総合点★★★★ 4.3



関連ランキング:ラーメン | 久田野駅




テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

  1. 2015/02/17(火) 20:30:00|
  2. ラーメン・福島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

支那竹メンマ

Author:支那竹メンマ
ラーメンを食べるのと、海に浮かんでぼんやりするのが楽しみ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ラーメン (808)
ラーメン・宮城仙台市青葉区 (94)
ラーメン・宮城仙台市泉区 (158)
ラーメン・宮城仙台市宮城野区 (49)
ラーメン・宮城仙台市若林区 (16)
ラーメン・宮城仙台市太白区 (14)
ラーメン・宮城県北エリア (124)
ラーメン・宮城県南エリア (20)
ラーメン・山形 (67)
ラーメン・福島 (30)
ラーメン・岩手 (120)
ラーメン・秋田 (17)
ラーメン・青森 (3)
ラーメン・茨城 (33)
ラーメン・千葉 (40)
ラーメン・栃木 (5)
ラーメン・埼玉 (2)
ラーメン・東京 (4)
ラーメン・神奈川 (2)
ラーメン・山梨 (2)
ラーメン・宮崎 (5)
ラーメン・海外 (3)
ラーメン以外の外食 (112)
麺類 (16)
牛丼屋 (6)
ファミレス (11)
居酒屋 (10)
旅館・ホテル (17)
その他 (34)
海外 (18)
自炊 (52)
海 (288)
海・宮城 仙台新港~蒲生 (148)
海・宮城 菖蒲田 (55)
海・宮城 本吉 (24)
海・宮城 その他 (2)
海・福島 (9)
海・秋田 (1)
海・岩手 (1)
海・青森 (2)
海・茨城 (14)
海・千葉 (25)
海・神奈川 (2)
海・宮崎 (4)
海・海外 (1)
山 (8)
雪 (6)
寺社、史跡等 (145)
一宮 (16)
出羽三山 (6)
奥州三十三観音霊場 (4)
庄内三十三観音札所 (3)
平和観音霊場 (1)
東北三十六不動尊霊場 (16)
四寺廻廊 (3)
仙台 十二支守り本尊 (13)
御稲荷様 (4)
神社・山形県 (9)
神社・宮城県 (17)
神社・岩手県 (5)
神社・青森県 (1)
神社・茨城県 (1)
寺院・曹洞宗 (6)
寺院・真言宗 (1)
寺院・浄土宗 (1)
寺院・慈恩宗 (1)
寺院・天台宗 (2)
寺院・御堂 (5)
古墳 (7)
史跡 (12)
博物館 (11)
ドライブ、旅行 (40)
日記 (142)
雑記 (30)
長寿温泉 (95)
寄席 (5)
ライブ (12)
未分類 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR